極夜祭開幕!

c0193901_21134827.jpg

本日は冬至。
極夜を祝う『ミッドウィンターフェスティバル(極夜祭)』がスタートをきりました。
気分が落ち込みやすいこの時期こそ一層結束を強め、大いに盛り上がろうという企画である越冬期間中最大のお祭りです。

前夜祭では屋外でオープニングムービー上映、祭りの成功と安全を祈念したくす玉割り、58次隊の運を開く鏡割りが行われました。
またピザ釜を作って熱々のピザが振舞われ、氷でカウンターを作ったアイスバーも開店。様々なアルコール、ホットワインに舌鼓を打ち、具沢山の暖かい豚汁でホッと冷えた身体を温められるのは最高ですね。
露天風呂も併設、満天の星空にそれを更に彩るオーロラを楽しみながら徳利を盆に浮かべて湯に浸ることができます。

23日まで続くこのお祭り期間は休日日課。33人で趣向を凝らしたイベント盛り沢山で今年も楽しみです。

極夜を祝うこのお祭りは毎年南極の各国越冬基地でも開催されており、基地同士グリーティングカードを交換し合います。


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-06-21 15:09 | @南極 by Yath | Comments(2)  

夜間観測

c0193901_03242834.jpg
CDC(ColorDigitalCamera)による全天オーロラ画像


日の出:なし、日の入:なし、気温:マイナス24.2℃

日に日に寒さが増し、ようやく南極らしくなってきました。^^

国内に帰ると、『夜勤中は外でオーロラ観測するんでしょ?大変でしたね』と、よく労いの言葉を掛けていただきます。^^;

「はい、寒さで涙がちょちょぎれて大変なんです」と同情を買いたいところではありますが..

観測自体は普通のデジタルカメラや特定の波長だけを取り出すフィルタを付けた専用カメラなどが自動でやってくれていますので、私たちは観測時間中、(制御が複雑な)コンピュータが止まっちゃっていないか、画像や映像が正常に撮れてちゃんとコンピュータ内に格納されているかいるか、国内へ遅滞なくデータ転送が行われているかを暖かな室内で監視しますので「寒さ」はないんです。

ただ、機器のトラブルはゼロではありませんのでその時は外へ出ることもありますし、少しでも欠測(観測データがない時間)を少なくするべく、全力で復旧に当たることになります。

Yathの場合、長いことここに居ると寒さはもはや当たり前なので全く気になりませんし、朝型・夜型バイリンガルなので夜勤が苦痛なこともなくめっちゃ楽しんでます。

c0193901_03293414.jpg

c0193901_03244138.jpg



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-06-12 21:29 | @南極 by Yath | Comments(2)  

彩の季節

気温:マイナス21.5℃

モノトーンなイメージが強い「南極」ですが、日本の朝・夕の景色が綺麗なように、南極でもこの時期は沈んだ太陽が空を美しく彩ります。

今日は晴れてはいるものの薄っすらと雲がかかっています。水平線に沈んだ太陽の光がその雲に反射してサンピラー(太陽柱)が空高く伸びていました。

c0193901_03552555.jpg


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-06-05 21:52 | @南極 by Yath | Comments(0)  

昇らぬ太陽

c0193901_02561066.jpg

日の出:なし、日の入:なし、気温:マイナス22.3℃

今年の最低気温を更新しました。
これからが冬本番。まだまだ寒くなります。

今日は日曜。休日日課なので皆好きなことをして過ごします。
屋内では楽器の演奏にビリヤード、お菓子を作り暖かいコーヒを振舞ってくれる隊員や、気温がマイナス20度近くならないとできないような外遊びをしている隊員もいます。

33人しかいないのににぎやかな一日でした。

さて、
Yathは今夜から一週間、夜勤。

綺麗なオーロラが出るといいなぁ..



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-06-04 20:54 | @南極 by Yath | Comments(2)  

極夜

日の出:なし、日の入:なし、気温:マイナス15.1℃(あたたかめ)

c0193901_01411948.jpg
基地の朝焼け

「極夜」に入ったとは言えいきなり真っ暗になるわけではありません。
日本でいうところの日没直後くらいのイメージ。

なので、これから冬至(北半球では夏至)に掛けて徐々に暗さは増しますが、日中はまだ十分明るいです。

c0193901_01413474.jpg



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-06-01 19:40 | Comments(4)  

明暗

c0193901_03135772.jpg
2017年5月29日 正午


太陽最終..


明日から陽が昇らない「極夜」が始まります。


長く伸びた自分の「影」が次に見られるのは7月13日..




南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-05-30 21:11 | @南極 by Yath | Comments(2)  

南極ビューティサロン

昭和基地には髪を切る専門の隊員はいませんので、伸びたらお互いが「斬り合い」ます。^^
国内で理髪訓練を受けたカリスマ隊員が一応希望するヘアスタイルを聞いて、カットを始めますが..

c0193901_04493943.jpg


まぁ、プロではありませんので、頭の中で仕上がりを想像してはいるものの大体はその通りになるはずもありません。

「それよりこうのが似合うんじゃない?」

と、うまくいかないとわかったら、コロっと方向転換される。
お客隊員は完全に「被験者」状態でいいようにもてあそばれます。
まぁ無料ですし、何されても覚悟を決めた上での来店。

私たちは眠い目を擦りながら朝早くから通勤電車に乗ることもなければ、33人の身内以外と顔を合わせるわけでもないですから、切るほうも切られるほうも楽しければそれでよいのです。

基地内はいつも笑いが絶えません。



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-05-22 22:51 | @南極 by Yath | Comments(5)  

10日

日の出10:44、日の入13:52。
すでに太陽は3時間しか顔を出しません。

陽が昇らなくなる「極夜」まであと10日。いよいよカウントダウンです。
極夜に入ると隊員は気分が沈みがちになる、とよく言われますが、気持ちの切り替え方次第でしょうか。

私なんかはバリエーションの富んだこの時期の景色に圧倒されて気分が沈んでる余裕なし。
一生に一度あるかないかのこのファンタジックな風景を堪能しないで帰る、なんて考えられないなぁ。。

一年で一番元気かもしれません。(T▽T)

c0193901_04191130.jpg
日の出前の地球影とビーナスベルト



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-05-21 22:17 | @南極 by Yath | Comments(8)  

子どもは風の子

c0193901_03321357.jpg

2017年5月5日『こどもの日』

宙空圏観測部門隊員3名で南極から日本の子供たちの健やかな成長を願ってお祝いを「作りました」。
はい、完全手製です。
人数が集まれがいろいろ知恵が出るものですね。

お断り:アンテナの性能には影響しません。

c0193901_03323102.jpg
気温:-14.1℃, 風速9.1m/s (撮影:鈴木隊員)



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-05-05 03:35 | @南極 by Yath | Comments(10)  

冬日課

日本はゴールデンウィーク突入ですね。
こちら昭和基地では、5月に入って「冬日課」となりました。

隊によってその内容に少しずつ違いはありますが、今次隊の4月までの日課と違いは、

・就業時間:8:00~17:00(8h) → 9:00~17:00(7h)
・休日:日曜のみ → 土・日曜

ということで、気温が下がり始めたのと夜が長くなってきたのに合わせて、働く時間もそれに合わせます。
日本のように祭日もゴールデンウィークのような大型連休があるわけでもありませんが、この生活、気に入ってます。

さて、
オーロラは太陽活動に大きく影響しているのはこれまでも書かせていただいていますが、太陽は約27日周期で自転しているため、今はちょうど太陽風が弱くオーロラが活発でない周期にあたっています。
こんな時は、やっぱり星空観察。

私の地元名古屋のような街にいると全くわかりませんが、実はおびただしい数の人工衛星が縦横無尽に地球を回っているのが見えます。
防寒服のポケットに手袋をはめた手を突っ込んでしばらく上を眺めていると、時折流星も流れます。

人工光が一切なく物音一つしない世界..

地球上でもっとも贅沢な場所です。

c0193901_03212143.jpg


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2017-05-02 21:23 | @南極 by Yath | Comments(4)