白夜

ただいまです。
3泊4日の内陸オペレーションから本日、昭和基地に帰ってまいりました。

すでに白夜です。日の出、日の入はありません。
2012年白夜初日の太陽を何もないただひたすら真っ白な南極大陸の内陸からお見せしようと思いましたが、残念ながら真南に雲が掛かっていてその姿を写真に収めることができませんでした。
ちなみにその翌日は凄まじい地吹雪で写真どころではありません。。

画像は白夜初日の深夜0時30分。何の音もない地球の果て、延々と続く氷の大地の雰囲気が伝わればと思います。
c0193901_6193597.jpg



南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2012-11-24 23:18 | @南極 by Yath | Comments(22)  

Commented by kapaapana at 2012-11-25 06:32
深夜0時なのにこんなに明るいんですね。
夕焼けの空のようにも見えますが、肉眼で見るとどんな感じなんでしょうか。
でも、果てしなく続く氷の大地の雰囲気伝わってきます。
Commented by yath_y at 2012-11-25 07:32
kapaapanaさん、
午前0時の夕焼けです。こんなに明るいんですね。
実際はもう少し綺麗に赤みがかっているので画像をレタッチしたいところですが..補正はしていません。
写真だと、カメラが使いこなせてないのもありまして雪面の影響でどうしても青っぽさが取れなくて。
氷の大地は360度どこへ行ってもこの景色が広がっています。
生物が住むことができない世界に自分がこうして立っているのがなんとも不思議な感覚です。
Commented by budoudana-de at 2012-11-25 09:30
お疲れ様でした。
地吹雪に見舞われたご様子、自然の厳しさ、神秘等諸々の中で鍛えられる人間の知恵は如何程かと思い知らされます。
音がない大陸、写真で大いに感じ取れていますよ。
Commented by cool-witch at 2012-11-25 10:47
横にトコトコ走る夕日。シ~ンとした周りの雰囲気も、
楽しませてもらいました。
Commented by 仁美★ at 2012-11-26 00:31 x
うわ~、これが白夜ですかぁ~!!
すっごく伝わってきますよ。南極に行かずして、この
景色を拝見出来て、嬉しいです♪
Commented by miyabiflower at 2012-11-26 01:33
360度何もない、という光景はなかなか見られるものではないですよね。
地球とは別の星にいるような気持ちになったりはしませんか?
静けさも想像以上でしょうけれど、嵐もきっと想像している以上なのだと思います。
音がない・・・不思議な感覚なのでしょう と想像しています。
Commented by twinkle-keko at 2012-11-26 10:47
地球の果て、といえど、雲があり太陽があり、そして人がいる。
なんだかとても壮大なドラマを感じずにはいられません。
任務、お疲れ様でした!
こちら愛知では、急に寒くなり、しかも空気が乾燥しているので
私の周りでは風邪ひきの人が増えています(笑)
街並みもクリスマスの装飾でいっぱいになりましたよ。
Commented by 熊伍朗 at 2012-11-26 18:50 x
偶然こちらのブログに辿り着いて、そして感動しました。
それにしても、凡人の自分には想像もつかない世界で働いていらっしゃるんですね!
どうか、お体にはくれぐれもお気をつけて!
Commented by aturin88 at 2012-11-27 00:20
こんばんは~

これがかの白夜!! 夜中に夕焼けなんて・・想像だに出来ないですね
でもやはり極夜よりは雰囲気良いですね(笑)
明るい方がいいわ~~!
でも眠れますか~~?明るい静けさの中・・・愚問かしら?
地球の果てで起こってる事が不思議だわ(爆笑)
Commented by yath_y at 2012-11-27 04:15
budoudana-deさん、
みるみる視界が悪くなる吹雪は、即遭難に繋がりますのでとても危険なのです。
昭和基地から無線で送られてくる気象情報を参考にして収まるまでじっと待ちます。
幸い長くは続かなかったのでよかったです。
Commented by yath_y at 2012-11-27 04:23
cool-witchさん、
白夜が始まって少しの間は地平線を太陽が転がるように見ることができます。
ただ深夜0時ですからね..私は寝てしまいます。。^^;
Commented by yath_y at 2012-11-27 04:38
仁美さん、
太陽が雲に隠れてしまって、白夜というにはちょっと「?」な写真で申し訳ないです。
本当はもっといっぱい写真を撮りたいんですけどね、借物カメラで予備バッテリがないものですから、仕事の写真が撮れないと困ることになりますので、少なめなんです。
低温環境でバッテリの消耗が早く、予測できないものですから。
Commented by yath_y at 2012-11-27 04:43
miyabiflowerさん、
こちらにいると、50年生きていて、これまで見たことのない景色ですから、別の星にいる錯覚にとらわれるのはしょっちゅうです。
観測隊員にリピータが多いのも頷けます。
Commented by yath_y at 2012-11-27 04:49
twinkle-kekoさん、
もうスリスマスの季節ですか。
栄も電飾が始まった頃ですね。
文明社会の出来事に関心がなくなり始めているようで、帰国後社会復帰がちゃんとできるか不安でいっぱいです。^^;

Commented by yath_y at 2012-11-27 04:51
熊伍朗さん、
初めまして、コメントありがとうございます。
またお気遣い感謝致します。
こちらでの仕事も残りわずかですが、可能な限り記録に残していきたいと考えておりますので宜しくお願いします。
Commented by yath_y at 2012-11-27 04:59
aturinさん、
一日中明るいので、「寝すぎた!!」と思って慌てて時計を見るとまだ午前3時。。(T▽T) 
で、二度寝。
「今度こそ寝すぎた!」と、また時計を見ると午前4時。。
で、三度寝。
この繰り返しですが、不思議と寝不足にはなったり疲れが残ったりすることはありません。
環境に体が順応するんですね。
もうひと月もすれが、定刻に普通に起きられるようになると思います。
Commented by pikopikotamago414 at 2012-11-28 14:56
お仕事お疲れさまです〜
白夜って、実際に見ることなんてきっとできないから、すごく新鮮です。
キレイですね〜^^
きっと肉眼で見て、そこで生活してみると不思議な感覚になるのでしょうね。
深夜0時の太陽って、矛盾してるように感じるのは、
お日様=朝のイメージが強いからなんですね〜
貴重な景色ありがとうございます。
Commented by kotonoha222 at 2012-11-28 23:32
いよいよ白夜になったのですね。
体内時計は狂ってしまうのでしょうか。
環境が体に順応ですか?人の体って凄いですね。
その内慣れて当たり前のようになるのでしょうか。
    しおり
Commented by ぱむ at 2012-11-30 20:05 x
こんばんは
綺麗な写真 白夜の始まりなんて
何故か畏れ多く、怖い気がします
ピーンと張り詰めた空気を感じます
どうか、お身体大切になさって下さいね
Commented by yath_y at 2012-12-01 03:32
ピコピコさん、
晴れていればもっと地平線がくっきりします。
暗くなりませんので、仕事をしてて気がついたら真夜中だったということもよくあります。
Commented by yath_y at 2012-12-01 03:35
しおりさん、
時差のある外国を急に訪れるよな場合は、体内時計は狂うようですが、ずっとこちらにいますので日々の変化はわずかですから、体調がおかしくなるようなことは特にありません。
気が付かないうちに慣れてしまうんでしょうね。
Commented by yath_y at 2012-12-01 03:54
ぱむさん、
お気遣いありがとうございます。
白夜の始まりと終わり、また極夜の始まりと終わりの景色はなんとも神秘的です。
太陽があるからこそ感じることは多いですね。
南極の自然を通じて多くを学びました。

<< しらせ出航 白夜前日 >>