しらせ復路24日目 ~日本時間マイナス5時間

C(チャーリー)→D(デルタ)へ。日本に1時間近づきました。
といっても時刻帯の話。

どの国にも当然ながらローカルタイムというのが存在します。
日本なら"JST"若しくは"LT"(Local Time)と表現します。 "10:00JST"ってな感じ。
しかし、公海上には地面がないのでローカルタイムというのがありませんから、経度(15度単位)による時刻帯の違いを※国際標準時(UTC)を基準にアルファベットで表現します。

※国際標準時UTC=日本時間-9時間

例えば、UTCプラス1時間の場所を航行しているなら、A(アルファ)、2時間からB(ブラボー)、3時間ならC(チャーリー)...

今日からは日本時間マイナス5時間、つまりUTCプラス4時間なので時刻帯はD(デルタ)。
対外的に伝える場合、航行中の現在時刻が午後2時なら「14時デルタ」と言うことでローカルタイムと同意味になります。「10時UTC」でも別に構わないんでしょうけど、これだとピンと来ないしいちいち足し算するのがめんどくさいでしょ。
ちなみに自衛隊特有の表現なのだそうです。


海洋観測がなく天候が荒れていなければ、午後からの数時間「艦上体育」といって露天甲板での運動が許可されます。
ピーカンな日は南極剣友会一味も社会復帰に向けて一層気合が入ります。

c0193901_8193040.jpg


夜にはオーロラが出現しました。
360度見渡す限りの海に囲まれた星空に現れるオーロラは、陸地で見えるそれより一層神秘的です。
ただ、船が動いて風が出るので恐ろしく寒いけどね。

c0193901_82087.jpg
この画像の動画(再生時間約1分 14MB)をこちらに置いています。
(クリックでストリーミング、右クリック「対象をファイルに保存」でローカルに保存します)




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-02-24 22:19 | @南極 by Yath | Comments(4)  

Commented by k2hair at 2013-04-03 17:32
前から疑問だったのですが、南極剣友会って何人かいらっしゃるのですねw(゚o゚)w
お稽古出来る格技場は南極にあるのですか?
Commented by yath_y at 2013-04-03 18:13
k2hairさん、
私たち53次隊の時は10名ですね。もっともその内有段者は4名だけで、他は私たちの稽古に興味を持ってくれた初心者の隊員になります。
体育館や武道場は昭和基地にはありませんから、屋外の雪上で稽古を行います。
稽古というより、ほとんど我慢比べですけど(笑)
Commented by k2hair at 2013-04-04 12:47
Yathさん、やっぱりそうですよね。
皆さん南極まで防具持っていくって凄い!

雪の上での稽古・・・ 
心は錬れそうですね。
Commented by yath_y at 2013-04-04 22:18
娯楽が限られていますし、私はスケート以外ウインタースポーツができませんので。
でも今回はお相手がたくさんいてよかったです。

<< しらせ復路25日目 しらせ復路18日目 >>