地磁気観測&VLFアンテナ建設訓練

昨日まで2泊3日の日程で茨城県石岡市にある気象庁の地磁気観測所まで地磁気観測訓練とアンテナ建設訓練に行ってきました。

地球が大きな磁石であるのはコンパスの針が南北を指すので、皆さんご存知だと思います。
しかし地球の自転軸(地図上のいわゆる北と南)と磁石が示す「南北」が同一でないのをご存じの方は少ないのではないでしょうか。このズレは不変ではなく、地球の中身が動いていますから刻々と変化しています。
地磁気とは地球の持つ磁石としての性質とそれによって作られる磁場のことをいいます。

で、今回の地磁気絶対観測訓練は、地磁気の絶対値を観測する手法を学びます。
通常は地磁気の変化分のみを観測していますので、その基準となる値を与えないと刻々と変化する地磁気の絶対値を求めることはできません。
そこで、定期的に基準の値となる基線値を算出するための観測(絶対観測)をする必要あるのでそれのための訓練です。
説明がわかりにくくてごめんなさい。なんとなくイメージをつかんでいただければ。

この観測器がある付近では、カメラや腕時計、メガネ、ベルト、指輪などの金属類を身につけたまま作業ができませんのですべて外します。
スボンの金属チャックやシャープペンもNGなので、ズボンは脱いで(冗)、記録は鉛筆で取ります。

専門用語も観測項目も多く複雑で、これから自分が何を測ろうとしているのかをちゃんと理解していないと全く頭に入りません。
わずかな振動も許されませんのでとにかく頭が疲れるキツい訓練でした。
(精神的に余裕がないときは画像ありません)


次に、
ここは雑音の少ない環境ということもあってここの敷地の一角を拝借して約1日半掛け、
今度昭和基地に建てる観測用アンテナの建設訓練も行いました。
このミッションの主担当はYath、責任重大です。
南北と東西に三角形に張った高さ10メートル、全幅最大30メートルを超す大型のループアンテナです。
非常に低い周波数の地球が出している自然電波を観測することで地球規模の波動現象を調べることができます。
南極は雑音も少ないので重要な観測拠点になります。

この期間はみごとに晴れっ。気温もぐんぐん上昇し最高気温なんと36度。
噴き出す汗に30分ごとに水分補給。5人掛りで炎天下の建設作業。
過酷です。南極帰りの身にはかなり堪えます。
c0193901_11523731.jpg
完成っ! う、美しい。。

c0193901_11533687.jpg


頭も体もパンパンになった3日間でした。


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-31 12:01 | @南極 by Yath | Comments(6)  

Commented by ぷぅ at 2013-08-31 17:43 x
お疲れさまでした。
皆さん大変な作業をなされているのですね!

この間打ち上げが中止された「イプシロン」も、
ごくわずかな誤差が原因とのこと。
完璧な仕上がりが前提での作業をされる方々は、
きっとずいぶんと苦労されているのだな、と、
このような記事を読むことで初めて知ります。。
越冬隊の皆さまも、
任務を遂行する為、
日本に居る間の準備がとても重要なんですね。
Commented by aturin88 at 2013-08-31 20:47
読んだだけで疲れました(爆笑)
本当に大変なお仕事ですね~~ぇ。
ノンビリ過ごしてる管理人 一気に頭パンパンです(笑)
でも知らなかった事を沢山教えて頂き 興味深く読みました。
Commented by siimama at 2013-08-31 21:18
こんばんは~初めまして♪
私の拙いブログにイイネをありがとうございました♪
何か大変なお仕事に就いておられるようですね。
猛暑の中、お疲れ様でした~。

登山も趣味のようですね♪
私はせいぜい近くの高尾山に登るくらいですが(^_^;)
また勉強を兼ねて訪問させていただきますね。
これからもよろしくお願い致します(^^)
Commented by yath_y at 2013-09-01 12:54
ぷぅさん、
ほんのわずかな誤差や間違いが与える影響を考えれば、やむえないことでしょうね。
イプシロン今回は残念でしたが、日本の技術の成果を次に期待したいですね。
Commented by yath_y at 2013-09-01 12:59
aturinさん、
大変なのは実は私だけで、お若い方々はそうでもないかな、と。^^;
本格的な訓練はまだ始まったばかり。
補助記憶用に「リムーバブル頭」が欲しいところです。
Commented by yath_y at 2013-09-01 13:02
mamasimaさん、
たぶん、食べ物のとこだけ節操無くポチポチ押したんだと思います。(笑)
こちらこそ宜しくお願いします。

<< ALL JA 2013(4/2... ペルセウス座流星群 >>