レイリーライダー観測訓練@信楽

c0193901_21332294.jpg

北海道に続き、1泊2日の日程で、京都滋賀県信楽町のMUレーダサイト(京都大学 生存圏研究所)でライダー観測装置の保守訓練です。
c0193901_21335283.jpg
MUレーダ(大型大気レーダ)サイト


レイリーライダーの詳細は、NICT(情報通信研究機構)のWebが分かりやすく紹介していますので、ご覧になって下さい。(別ウィンドウで開きます)

訓練の内容は、主にレーザ装置のメンテナンス、調整、トラブル対処の方法を座学と実機を使って学びます。

c0193901_21383521.jpg

今回訓練で交換した部品でちゃんとレーザ光出るかな?

c0193901_2136194.jpg

c0193901_2137253.jpg

出ました。^^

このレーザ、電力は数ワットと低いですが、触ると危険です。


まだまだ訓練は続きますが、楽しいので苦痛も疲労もないのが助かってます。
唯一の問題は..

不揮発性記憶領域の不足

これ、深刻。
脳内某サポートセンタに問い合わせたところ、昭和中期バージョン側頭葉のサポートはすでに終了しているとのこと。
ガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-09-09 21:31 | @南極 by Yath | Comments(8)  

Commented by k2hair at 2013-09-12 08:23
Yathさん、信楽町は京都府ではなく滋賀県甲賀市にあります。
私、京都出身で滋賀県在住ですが、信楽にこのような高尚な施設がある事を存じませんでした( ゚д゚ )
Commented by cool-witch at 2013-09-12 16:51
はぁ、いろんなお勉強が目白押しなんですね。
のんべんだらりな私は、
「ライダー」の文字をみて、変身するのか!って思ってしまった。
Commented by yath_y at 2013-09-12 20:50
k2hairさん、
元々は「滋賀県」と記憶していたんですが、いつの間にか頭の中で京都に置き換わっていました。大変失礼しました。
10月12日~11月9日まで「京大ウィークス2013」ということで、京都大学の各施設が一般公開されます。
お時間あれば是非。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h8/d2/news4/2013/131109_1.htm#a11
Commented by yath_y at 2013-09-12 20:55
cool-witchさん、
このLIDARは英語の頭文字を取った略称なんですね。
あの"RIDER"とはスペルが違ってますので、残念ながら変身はできません。。orz
Commented by chacos-violetroom at 2013-09-14 06:55
レーザー出ましたね~
綺麗な光なので、思わず触ってみたくなります^^
信楽焼きの狸さん たくさんいますね~
yathさん東京から乗った新幹線を京都で降りたから
その当たりで感覚が「京都」になってしまったのかも・・・?
京都大学の研究所ですしね・・・
訓練楽しい様で何よりです
お疲れを感じないのは充実感があるからなのでしょうね♪
Commented by yath_y at 2013-09-15 09:47
chacoさん、
真っすぐ天に伸びる緑色のレーザ光。綺麗なんですけどね、とっても危険なんです。
信楽までは路線が一つしかない一両走行ディーゼル車の信楽高原鉄道に乗るんですけど、なかなかよい車窓でした。
Commented by bubu_arare at 2013-09-19 08:35 x
不揮発性記憶領域!笑 サポート終了!笑笑 私の場合記憶領域そのものがデフォルトでは小さく、拡張スロットもなくお手上げです。^^(なんのこっちゃ) でも好きな事って、仮想領域が増えるから大丈夫!私もがんばります!
Commented by yath_y at 2013-09-20 23:31
ぶぶさん、
お久しぶりです。^^
そう! 私「たち」の脳には、好きなこと用の仮想領域が装備されていたのを忘れてましたっ。
確認したところ、断片化はいくつかあるもののまだ生きてるようですのでこれを活用しない手はない。
ありがとですっ。^^/

<< テント設営講習 大型短波レーダ観測保守訓練@北海道 >>