電離層観測訓練@NICT

今日はあの宇宙天気予報を出している情報通信研究機構(NICT)で電離層観測訓練です。

午前に電離圏観測の説明を一通り受けたあと、午後から観測装置の保守・操作方法、トラブル対応、アンテナの点検・保守について学びます。

空に向けて短波帯の電波を地上から垂直に発射すると、電離層が活動しているとその電波が地上に跳ね返ってきます。この発射してから帰ってくるまでの時間を計測することで、電離層の電子密度の分布がわかります。

で、何に役立つか。
太陽からやってくる電離した粒子(プラズマ)の影響で、電離層の活動も変化しますので人工衛星と地上の通信とか電波を使ったいろいろな通信やGPSによる測位に障害が出たりしないかを太陽の活動状況と合わせて予測したりもできるんですね。

宇宙天気情報センターも内部を見学させてもらいましたが、今回はカメラ忘れで写真ありません。。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-09-12 21:45 | @南極 by Yath | Comments(6)  

Commented by momopororon at 2013-09-14 01:11
今晩わ〜〜
南極訓練?
ちょっと難しくてよくわかりませんが、
知り合いで、昔、南極観測隊に行った人がいるので、
わからないながらも
お邪魔してしまいました。
大変なお仕事ですね。
頑張ってくださいね(o^^o)
Commented by chacos-violetroom at 2013-09-14 07:04
凄いですね~
専門的分野で活動しているyathさんに憧れますよね~
ここの情報通信研究機構(NICT)は小金井にあるのですか?
こんな施設があるとは知りませんでした・・・・・
立川からだと行きやすいですかね?

そういえば、今日イプシロン再挑戦ですね
飛ぶかしら~?
楽しみ!
Commented by yath_y at 2013-09-15 09:32
momopororonさん、
初めまして。
更新少なめ、コメレス遅めですが、隊員が国内にいる期間どんなことをしているのか、南極に着いたら生活はどんなか、出来るだ限り皆さんに伝わるように綴っていきたいと思っています。
今後とも宜しくお願いします。
Commented by yath_y at 2013-09-15 09:52
chacoさん、
そうですね、小金井市にありますが、最寄は国分寺駅でそこから歩いて20分くらいでしょうか。
立派な施設で一般公開もされるそうです。
将来はあーゆーとこで働きたいなぁ。。(笑)
Commented by pammichi at 2013-09-19 00:30
こんばんは(^-^)
虫の声が心地よい深夜です
yathさん あちこち飛び回ってて楽しそうですね
難しい漢字の羅列(笑)の意味を 分かりやすく書いてくださるので興味深く拝見しています 自分のわかる範囲で驚いたり感心したりして楽しませてもらっています^o^
しかし、全国いろんなところにディープな施設があるんですね
未知の世界 これからも楽しみにしています
頑張ってくださいね^o^
Commented by yath_y at 2013-09-20 23:10
ぱむさん、
お久しぶりです。ブログは時々拝見させていただいております。
訓練の解説が不十分でごめんなさい。
専門外の方々に説明する方法を学ぶいい機会になりますので、わからないところは遠慮なくどんどん尋ねていただけると助かります。
越冬期間中、国内の子供たちにTV電話で説明する機会が結構ありますので(汗)
ダメ出し歓迎です^^

<< いよいよ10月 テント設営講習 >>