野外オペレーション 3回目

c0193901_336891.jpg

1月7日から5日間の日程で、昭和基地からほど近い西オングル島へ今回の夏期オペレーションの大きなミッションであるVLF帯アンテナの建設と観測設備の保守に行ってきました。

何の観測かと言いますと、雷によって発生した電波(空電)のうち極めて低い超低周波の電波は地球全域でその雷を捉えることができます。
「ゴロゴロ、ピカッ!」程度の小さなものではなくそこそこ大きな規模の雷に限られますけど。
で、それを観測するためのアンテナを建てに行ったわけ。

高さ12m、幅25m×25mのデルタループアンテナです。
c0193901_3234030.jpg
建設中

2日程度で建設を終える予定でしたが、低温で基礎がなかなか固まらず、丸3日掛かり。
天候はそこそこ良かったんですが、白夜といえど夜間はかなり気温が下がります。
テントの中もかなり冷えます。
冬山登山用のシュラフでも寒いのなんの。。

まぁそれでも予定した計画を終え、無事昭和基地に帰還しました。
c0193901_3243491.jpg
2日目、冷たい風とともに針のような結晶の雪が..

c0193901_3351341.jpg
午前0時..陽がずいぶん低くなってきました




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-01-11 22:22 | @南極 by Yath  

<< 短波レーダーアンテナ保守 アンテナ保守 >>