しらせ乗員

砕氷艦「しらせ」乗員である海上自衛隊員の方々は私たち観測隊を昭和基地まで連れていってくれる以外、しらせから昭和基地までの物資輸送業務にも携わります。
それ以外の空き時間は何をしているのかと言いますと、観測隊の設営支援に入っていただいています。

昨年、一昨年は「しらせ」の接岸がなかったため支援はほぼなし。今年は、物資もすべて運べて支援も豊富に入って夏のオペレーションは極めて順調です。
「しらせ」が接岸する、しないの差がここで大きく出ます。

宙空圏部門にも2日間だけしらせ乗員の方4名に短波レーダアンテナ保守支援に入っていただきました。
いやぁ、さすが日本の自衛隊。
仕事恐ろしく早いです。動きがきびきびしてます。
「ここ取付けを逆にして下さい」、「ここはネジの締め付けが緩いのでもうちょっときつく」など、何かお願いしても大きな声で「はいっ!!」と返る返事がとても気持ちいいですね。三拍子揃ってます。

通常1本の保守に1日半くらい掛かるのですが、おかげで2日間で2本の整備を終えることができました。
c0193901_455151.jpg


しかし、彼らは55次隊夏隊と54次越冬隊を乗せて日本に帰る日が近づいてきましたので、基地作業の支援もそろそろ終わり。

24人だけの生活が徐々に近づいてきました。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-01-30 22:57 | @南極 by Yath  

<< 越冬交代 オーロラ観測準備 >>