2月に入ってからというもの全く天候に恵まれず、晴れたのはわずか1日以下。
曇ってるか雪が舞ってるか、風速30m/sを超える地吹雪も数日続きました。

すでに深夜0時近くには雲の隙間から星も見え始め、今年のオーロラ観測が近づいています。
それに向けての観測機の立上げ、準備も着々と進んでいます。

下降気味ではありますが、まだまだ太陽活動は活発。
今年はどれだけ見られるのでしょうか。とても楽しみです。


たまたま雲が途切れた晴れ間。日没後の22時過ぎ。空に見慣れない雲が。
これはケルビン・ヘルムホルツ波による雲で、密度(濃度)が違う雲の流れがお互い逆方向になるとこんな雲になるんだそうです。
時々街で見かけますよね。透明ガラスの容器の中に色の違う液体が入ってて、傾けると波ができるやつ。原理はそれと同じ。

非常に綺麗に出てますね。初めて見ました。
c0193901_4391630.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-11 22:41 | @南極 by Yath | Comments(10)  

Commented by nararanran at 2014-02-12 05:51
こんにちは~
へぇ~こんな雲があるんですね♪
雲って世界中おんなじかと思っていましたが
気候によって見たことのない雲あるなんて(*^_^*)
愉しいお知らせありがとうございました。
オーロラ、たくさん見れるといいですね。

らん
Commented by aturin88 at 2014-02-12 09:40
お久しぶりでコメントです(^^)
交代式も終えられ、寂しいながら 落ち着かれたようですね

思いもかけない雲の様子見せて頂き有難うございました
自然の妙味 神業ですね。
これからが楽しみです。 お忙しいでしょうが お体お大切に
お仕事お励み下さいね。
Commented by yath_y at 2014-02-12 14:31
らんさん、
私もこんなに鮮やかなのは初めてみました。形も時間と共に次第に崩れていきますのでタイミングよかったです。
Commented by yath_y at 2014-02-12 14:34
aturinさん、
おひさしぶりです。
こちらは時間とともに刻々と景色が変わって飽きることがありません。
落ち着きましたら景色も(岩と氷だけで何もないですが..)アップしていきたいと思います。
Commented by cool-witch at 2014-02-12 17:12
雲も珍しいけれど、
建物の多いことと土(?)にびっくり。
Commented by n0n0n at 2014-02-12 21:50
魚か龍が横たわっているような影の雲にいだかれたカラフルなビル群
不思議な風景ですね・・・

オーロラ見られるといいですね

Commented by yath_y at 2014-02-13 04:51
cool-witchさん、
この位置から撮ると密集してみえますけど、実際は雪の吹き溜まりができないように建物間は20メートル以上離れています。
また昭和基地のあるこのあたりは夏場は0度くらいまで気温が上がりますから日射で雪も溶けちゃうんですね。
Commented by yath_y at 2014-02-13 04:55
のんちゃん、
吹雪でも目立つように(たぶん)、建物は原色で塗られています。
今度は別の角度からも撮ってみますね。全体像が見えるかも知れません。
Commented by momopororon at 2014-02-15 18:47
こん♪
面白い雲ですね。
密集して建てられているのかと思いましたが
20mも空いているんですね(*^^*)
仙台、雪が止みません。
南極の冬に比べてたら
比になりませんけど。。。(*^^*)
Commented by yath_y at 2014-02-16 07:05
momoさん、
今の南極は雪も溶ける夏です。おそらくこの時期はmomoさんのお住まいの地域のほうが大変かと思います。
くれぐれもお気を付け下さい。

<< 地球の美しさに 帰還 >>