月の出

今日8日、日本は地方によっては雲がない綺麗な月食が見られたようですね。

残念ながら南極では月食になりませんが、こちらも薄い雲に覆われた満月が南極大陸の地平線から黄金色の顔を覗かせました。
日本で見る月とは上下左右が逆になっています。
c0193901_2404980.jpg

c0193901_241640.jpg


現在21時。
まだ空は明るいので肉眼では見えませんが、電波観測ではすでに昭和基地上空にオーロラが出てるもよう。
早く暗くなんないかなぁ..

いつも色と形を変えて現れるオーロラ。
今夜はどんなのが見られるんでしょうか.. そわそわします。

おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-10-08 21:05 | @南極 by Yath | Comments(2)  

Commented by nararanran at 2014-10-10 20:28
さっきから、なぜに上下左右が逆なのか
四苦八苦して悩んでいます(笑)
こちらで撮った月の写真と
クレーターとかが違う写真になるんでしょうね。
私にとっては摩訶不思議です(@@)
Commented by yath_y at 2014-10-10 21:41
らんさん、
180度ひっくり返る、とするほうが混乱がないかもしれませんね。
ではそうなる実験をしてみましょう。

1.白い紙に大きな丸い月とその中にうさぎの横姿を書きます。
2.体を「南」に向けて立ちます。
3.書いた絵が地面(下側)を向くように、頭の真上に紙を両手に持ちます。(この状態が北半球で見える様子)
4.今度は紙の向きは変えずに体をだけ「北」に向けます。

うさぎが逆さになりましたね。これが南半球で月を見上げてる状態です。
こういうしくみなんです。
でもうさぎが向いている方角はどちらから見ても変わりません。

<< オーロラ光学観測終了 今期光学観測終了間近 >>