夏期オペレーション佳境

基地入りからちょうどひと月が経ちました。
昭和基地の夏はとても短いです。
この短い期間にすべき作業は多く、隊員総出、また「しらせ」乗員の方々の基地作業支援も受けて急ピッチでそれぞれのミッションをこなしつつ、一年間の越冬観測に備えて前次隊員から引継を行います。

我々宙空圏部門では、短波レーダ更新のための基礎工事、Lidar観測機器入れ替え、ミリ波分光放射観測保守、地磁気観測装置保守、無人磁力計保守、西オングル島ELF/ULF/VLF無人観測装置保守、高速オーロラ観測装置増設をこの夏に実施します。
基地から離れた無人観測拠点へはヘリコプターで向かいます。

4日前に白夜が終わり、夜がやってきました。
と言ってもまだ深夜も十分明るいです。

c0193901_3123956.jpg
基地から遠く離れた観測拠点へはヘリコプターで

c0193901_314394.jpg
無人観測装置(無人磁力計)保守:南極大陸内陸部H68

c0193901_3164517.jpg
光学観測装置(掃天フォトメータ)保守

c0193901_3181252.jpg
「しらせ」乗員の方々の支援を受けた短波レーダ基礎工事


おきてがみ





南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-01-25 19:09 | @南極 by Yath | Comments(2)  

Commented by nossi_ck at 2017-02-10 18:55
お疲れ様です。そろそろ最終便でしょうか。
コンクリ現場で練りましたか!資材運搬が大変だったと思います。
ありがとうございます!
Commented by yath_y at 2017-02-12 03:15
nossiさん、
おぉ情報が早いですね。15日最終便ですが大半の隊員は13日に戻ります。
コンクリは「しらせ」支援がなかったら今頃途方に暮れてます。
ツールドブルーアイランド2017応援しています!
別件で、今回ご尽力いただいたJARE-FM2についてメールしています。ご確認下さい。

<< レレレ? 元旦@しらせ >>