昼間は?

私たち宙空圏(超高層大気観測)部門の隊員は例年複数名が越冬隊に加わっており、白夜を終えて星が見え始める2月下旬から10月中旬までは勤務時間を分けたローテーションを組んで観測を行います。
ローテンションは午前番、午後番とに分かれ、午前番(勤務:08:00~17:00)は主に日中でもできるレーダーや空高くからの電磁波受信による観測と前日のデータ処理を、午後番(勤務:13:00~24:00)では勤務が深夜にまでなりますので空をカメラで追う光学観測を担当します。

なので睡眠時間は各々ちゃんと確保されています。

13時~17時までは勤務がカブりますから、その時間帯に協力して観測機器の保守を行っています。

c0193901_04330417.jpg
アンテナの特性を調べます

c0193901_04334190.jpg
光学観測ドームの修繕

c0193901_04335486.jpg
短波レーダアンテナ保守 (←画像では暖かそうに見えますが..)




南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所


[PR]

by yath_y | 2017-03-17 22:30 | @南極 by Yath | Comments(0)  

<< おわび (3/30追記) 基地のお昼ごはん >>