越冬後半戦

c0193901_06462982.jpg
昭和基地の星空と流星

日の出:なし、日の入:なし、気温:マイナス25.7℃

冬至を折り返し、日中も徐々に明るさが戻ってきました。
7月13日の日の出まであと5日。

極夜が明けると、野外活動が本格化します。
目的地となる複数の観測拠点までの氷海上にルートを作る作業のため、毎日多くの隊員が基地を離れるようになります。
日帰りの時もあれば宿泊を伴う場合もあります。
そのために綿密な打ち合わせの元に行動計画を詰め、物資の準備や雪上車の整備を行いつつ日常の業務もこなしていきます。

野外に出ることになれば、基地での仕事がその間滞ることになります。
そこで、基地にに残る隊員に基地内での自分の仕事を依頼することになるため、あちこちで業務引継ぎが行われ始めています。
各隊員に割り振られた消火体制や非常時のレスキュー体制も然り、基地内の人員が変わるたびに役割分担の見直しが図られます。

さて、今日は朝寝坊ができる日曜。^^
ブランチ前くらいに起きて、午後からは短波レーダ送信機の不具合調査に行ってきます。

c0193901_06371049.jpg



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-07-09 00:35 | @南極 by Yath | Comments(8)  

Commented by aitoyuuki32 at 2017-07-09 22:44
名古屋はここ1週間で
本格的な夏に

昭和基地ではマイナス25度
本格的な冬、、、なんてもんじゃないですね^^;
Commented by 270918 at 2017-07-11 11:38
こんにちは~
今日はこちら35度猛暑日です。
気温差60度想像もできません。
冬至を挟んで真っ暗な日が続くのですね。
昼夜をどう区別していらっしゃるのでしょう。
明るくなったら外の作業で宿泊とか基地外に
宿泊場所があるのでしょうか。
なんでも気になります。
           ひげ爺
Commented by yath_y at 2017-07-11 19:54
aitoyuuki32さん、
まだ梅雨明けてないですよね。。
日本は早くも真夏ですか。ご愁傷様です。^^;
こちらは今のところマイナス20~25度くらいです。風さえなければ体感的にはちょうどいいですね。
Commented by yath_y at 2017-07-11 20:04
ひげ爺さん、
極夜と言っても昭和基地くらいの緯度(南緯69度)ですと、正午であれば太陽はそんなに奥深くまで沈みませんので、新聞が読める程度の明るさはあります。
一番暗い時で、10時頃明るくなり始めて14時くらいから暗くなり始めます。

>外の作業で宿泊とか基地外に宿泊場所があるのでしょうか。

小さなプレハブ小屋が建ててある拠点では宿泊が可能です。それがない拠点の場合は日帰りのオペレーションになります。
Commented by m-masako77 at 2017-07-11 22:36
晴天の時は流星が見れるのですか。願い事がいっぱいかないますね。厳しい環境で精一杯お仕事されているのに夢のようなことを書いてすみません。
Commented by yath_y at 2017-07-12 16:20
masakoさん、
空気が澄んでいますので、縦横無尽に人工衛星が飛んでいる様子や流星は晴れていれば結構頻繁に見ることができます。
願いごとし放題です。^^
今月下旬には小さな流星群もありますので楽しみです。
Commented by m-masako77 at 2017-07-13 23:19
人工衛星が縦横無尽に飛んでいるのですか。わあ いいですね。私は流星も人工衛星もめったに見ないのでとてもうらやましいです。
Commented by yath_y at 2017-07-13 23:40
masakoさん、
私も日本にいる時は空を見上げることはあまりありません。
こちらでは星空くらいしか見るものがありませんから。^^;

<< ブリザード到来 思郷 >>