カテゴリ:@南極 by Yath( 471 )

 

野外観測

c0193901_02064613.jpg

日の出:5時54分、日の入:18時34分、気温:マイナス26.3℃

この時期の平均気温はマイナス18度ほどですが、晴れの日が続くと放射冷却で気温がぐんぐん下がっていきます。

9月に入り野外活動が本格化、全隊員が基地内にいることが少なくなってきました。
無人観測拠点での観測機器保守・データ回収、現地までのルート工作、そろそろ動物が姿を見せ始める頃ですので生物調査も始まっています。
日帰りもあれば、数日基地へ戻らない宿泊を伴うオペレーションもあります。

Yathも明日は基地を離れ生物調査の支援。


昨晩(2017.9.24) のオーロラ
c0193901_02065991.jpg

c0193901_02071298.jpg

c0193901_02072620.jpg



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-09-25 20:06 | @南極 by Yath | Comments(2)  

日曜

日の出:5時59分、日の入:18時31分、気温:マイナス24.8℃

昨日より日照時間が8分長くなりました。(ちなみに地元名古屋は2分)

今日は日曜ですが、午前中は観測器と昨晩の観測データのルーチンチェック、午後は夜勤に備え少々仮眠して、今週末に東京都内の中学校で予定している南極教室の資料作成。
南極教室は規定の時間にきっちり収める必要がありますので、自己リハを繰り返しつつ一旦作り上げた資料の修正を行い完成度を高めていきます。

今週は夜勤当番。いいオーロラが見られるといいのですが。

c0193901_05330428.jpg
氷山の蜃気楼 2017.9.24



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-09-24 23:31 | @南極 by Yath | Comments(5)  

春分

c0193901_02503744.jpg

日の出:6時03分、日の入:18時27分、気温:マイナス25.5℃

日本と同じように昭和基地も昼と夜の時間が同じになりました。
まだまだ気温が上がる気配はありませんが、あとちょうど2カ月で白夜。

明日から昼が加速します。

c0193901_02504571.jpg


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-09-23 20:49 | @南極 by Yath | Comments(4)  

残りひと月

日の出:6時30分、日の入:18時5分、気温:マイナス19.1℃

太陽高度もかなり上がり日差しが強くなってきましたので、雪眼にならないようそろそろサングラスは必須です。
風がなければ日中は上着なしで外へ出られる陽気です。

磁気嵐の影響でここ数日比較的規模の大きなオーロラが発生しています。
北半球ではこれからシーズンを迎えますが、こちらは徐々に白夜も近づき、昭和基地でのオーロラ観測は残りひと月を切りました。

c0193901_02552793.jpg

c0193901_02555338.jpg

c0193901_02554615.jpg



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-09-17 20:54 | @南極 by Yath | Comments(2)  

繁忙期

日の出:6時56分、日の入:17時42分、気温:マイナス17.9℃

基地から離れた野外観測も本格化、後次隊の受け入れ準備やメールでの事前打ち合わせも多くなり、非常に忙しくなってきました。

今日は異例のレーダアンテナ保守。
寒いこの時期は触るものがすべて外気温と同じ温度になっているため、凍傷にならぬようぶ厚い手袋を何枚も重ねての作業になるのですが、作業効率が著しく低下するため通常は実施しません。
しかし今回は度重なるブリザードの影響による不具合が見つかりましたので急きょ修繕です。

c0193901_03102784.jpg


日本は秋の気配が感じられる頃かと思いますが、南極に春らしい景色が見えてくるのはもうちょっと先になります。

c0193901_03163783.jpg


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-09-11 21:08 | @南極 by Yath | Comments(4)  

CME & X9.3

日の出:7時09分、日の入:17時31分、気温:マイナス28.0℃

このところ更新遅めです。ごめんなさい。

日本でもニュースになっている太陽のコロナ質量放出(CME)。7月16日に発生したものと同じ黒点群です。
期待はしたものの月齢15。ほぼ満月ということもあって月明かりでオーロラの輝きは今一つ。。

c0193901_16454473.jpg
2017年9月8日 0時33分UTC 全天オーロラカメラ


さて、今夜8日は今サイクル最大規模(X9.3)の太陽フレア。
2晩連続とは嬉しいのですが、昭和基地は吹雪予報が出ていますので見られない可能性大。。

この規模ですと、南側はオーストラリアのパースやメルボルンでも見られそうな感じですので、北海道でもひょっとすると..



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-09-08 10:44 | @南極 by Yath | Comments(2)  

極光

日の出:8時46分、日の入:16時7分、気温:マイナス27.7℃

しばらくおとなしくしていた太陽ですが、活発な活動を続けている黒点群が地球に向きましたので、今夜は規模の大きなオーロラが出現しています。

これまでもいいオーロラが出ていても薄雲が掛かっていたり吹雪だったり、月が煌々と輝いていたりでなかなか条件が揃いませんが、今夜はベストコンディションです。
このタイミングで数日続いてくれるとよいのですが。

c0193901_04442564.jpg

c0193901_04444125.jpg



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-08-17 23:43 | @南極 by Yath | Comments(6)  

「しらせ」寄港予定

c0193901_03073232.jpg

今年の「しらせ」予定寄港地です。(クリックでPDFファイルが開きます)
https://www.dropbox.com/s/m6knccqbvpkokai/20170801-02.pdf?dl=0

Yathの地元、名古屋港での一般公開は9月30日(土)と10月1日(日)。
前回の名古屋寄港の際は、台風接近のため乗艦できなかった方が多かったと聞いています。
この機会にリベンジを。

今年は名古屋以外に、仙台、八戸、坂田、長崎、神戸に立ち寄るようで、各々、中二日が一般公開日と思われます。

この船が今年11月に晴海ふ頭を出航して我々越冬隊を迎えに来て、来年3月に帰国します。

尚10月1日は名古屋ポートビルでもイベントを企画されているようです。
南極グッズの販売があるとか。

c0193901_03074598.jpg
西オーストラリアFremantle寄港中の「しらせ」



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-08-12 21:06 | @南極 by Yath | Comments(6)  

南極月食

日の出:9時32分、日の入:15時24分、気温:マイナス27.6℃

今月に入って「初晴れ」。
太陽活動もそこそこで、時折いいオーロラは出ているものの曇り空が続いたり..
晴れたと思ったら燦燦と輝く月明かりで全くオーロラが見えません。。

昭和基地の今夜は..
トータル3年いますが初「月食」! しかも晴天!! 身震いします!!!
ただ..ずっと見てたいのに..

こごえる。。
鼻の中もまつ毛も凍りまくる!

指先の間隔がなくなってシャッターが思うように切れません。。
しかも月が勝手にフレームから外れようとするので、まだあったまってない手をその都度ポケットから出さないと。。

日本とはうさぎさんの向きが違うのはわかりますよね。

c0193901_04180623.jpg


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-08-07 22:16 | @南極 by Yath | Comments(10)  

不思議な岩

c0193901_04401181.jpg

日の出:10時01分、日の入:14時56分、気温:マイナス18.8℃

2月1日から翌年の1月31日までが私たちの越冬生活。
一年の折り返しは先月の冬至ですが、越冬隊としてはこれで6カ月を終え、今日で半分。
残りちょうど6カ月です。

さて、
南極では雪を伴ったブリザード規模にはならなくても日常的に非常に強い風が吹きます。
この強い風と氷粒のような硬い雪、また砂粒が岩の表面を削り、凹み始めた部分は更に削られてどんどん深くなっていきます。

こういう穴ぼこだらけの岩を「蜂の巣岩」と呼んでおり、基地内のあちこちに見られます。自然が生んだ造形美ですね。
今日も時折風速10メートルを超す冷たく強い風が吹いています。

c0193901_04424669.jpg

c0193901_04404344.jpg

c0193901_04425862.jpg
手前は昭和基地がある東オングル島、幅4kmの氷海を挟んだ向こう側が氷の南極大陸




南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-08-01 22:38 | @南極 by Yath | Comments(2)