<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

LAST DAY

c0193901_4432733.jpg

私たち53次隊の仕事も今日まで。最終日の今日もなにげに忙しかった。。
明日2月1日からは54次隊の皆さんが基地の維持と観測を一年間行います。

もう今更ね、敢えて語ることもない..
広大な自然と素晴らしい仲間にも恵まれ、とにかく「いやぁ、ほんっっとによかったぁ」の一言に尽きます。

明日から3月20日までの約ひと月半、長いようでおそらくは短い船旅が始まります。
復路は南極からオースラリアシドニーへ。
しらせはそのまま日本に向け北上。私たち観測隊員は、そこで一泊した後に空路で日本へ帰ります。

いよいよ文明人の仲間入りです。

明日からはネット環境がありません。
よってブログの更新もメールもできなくなりますので、Yath宛のメールはしばらくご遠慮頂ければと思います。
一年間ありがとうございました。

日本でまたお会いしましょう^^

c0193901_4415375.jpg

c0193901_4423034.jpg



c0193901_440748.jpg

Yath@南極昭和基地 The Last Day




南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-31 22:48 | @南極 by Yath  

回想

今日は何となく思いつきで。

楽しかったこと。3つ。
昭和基地がある東オングル島内散策。
無機物が一切ない、緑もない、人が全くいない世界はとても地球の上とは思えないほどのパノラマが広がっています。
暇さえあれば時間を忘れて飽きることなく歩き回りました。楽しかったぁ。

私はどちらかというと人とのコミュニケーションがあまり得意ではないんですが、一年もこちらにいるともう皆家族のようなもの。気心知れた仲間との酒は格別です。

厳冬期の屋外作業。これもよかった。
マイナス40度超えの屋外での作業、まつ毛がくっついて眼が明けづらく、頬も鼻の粘膜も凍り、指が凍傷に掛かった時はさすがにキツかったけど、ツラさは不思議とありませんでした。「生きてる」って実感できるんですね。
何となく剣道や登山に近いものがあります。


で、ツラかったこと。
当直業務(爆)。

朝食に「納豆」出るんですよ。
しかしですね、これは食べ物ではないわけです。
これを喰うくらいなら迷わず餓死を選びますね。
で、私は大人ですから喰い物かそうじゃないかの区別くらいできますから当然食べないんだけど、当直業務の一つに食器洗いがある..
食器洗いそのものは日本でもやっていたことなので、別に苦痛でもなんでもないんです..
それに一つや二つなら我慢して、目をキツくつぶって息を止めて、指について皮膚が侵されないようにちゃちゃっと洗うフリすることはできるけど。

大量。。

そんなに息止めてられません。
プハァ~っとやった次の瞬間、「異物」の臭気がけがれのない清純な肺を襲います。
半泣きです。


この一年で得たもの。
有り得ないほど多くの発見と感動、そして気づき。
しかし、これを己なりに評価して帰国後の行動を変えることができるか.. ちょい微妙だな(笑)
ゆるい生活環境に甘んじてる姿がすでに見えてます。。


さて、と。やることやってきます。

c0193901_20522161.jpg



南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-27 15:03 | @南極 by Yath | Comments(19)  

南極残り6日

輸送も終わりに近づいています。
今日は越冬隊員の私物がしらせに空輸されました。
残すは身体のみ。

そして昭和基地最後の週末。
日曜とはいえ、輸送もありますので何名かの隊員は休日返上で物資の荷受、搬出作業にあたります。
ご苦労様です。

電気制御担当のYathは、来週に予定されている計画停電の段取り確認と帰艦前日の31日に月次データ処理の引継ぎが残っておりますのでその準備。
半日くらいは、ゆっくりできるんかしらん。。
表に出て最後の写真も撮っておきたい。天気がいいといいなぁ。

c0193901_3484514.jpg
昭和基地のお月さん(1月24日22時45分)
かげろうが立ってるのでちょっとイビツ。



南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-26 21:58 | @南極 by Yath | Comments(15)  

輸送後半

2月1日の越冬交代まで残り12日。

空輸も日中はしらせ艦載ヘリCHで、夜間は観測隊チャータの民間ヘリ2機で物資を運びます。
持ち帰り物資の搬出も始まりました。
隊員の個人私物もそろそろしらせに積み込まねばなりませんので、仕事の合間に引越し準備です。
c0193901_1871615.jpg
居住棟通路に仮置きされた個人私物。

復路のひと月半しらせの船室で使う必要のあるものは「船室行き」、日本に帰るまで開ける必要のないものはコンテナに混載して「船倉行き」として船の奥底に詰め込まれますので、きちんと分けて集積します。
物が溢れかえっていた個室には残り2週間を暮らす分だけの手荷物しか残されていませんのでガランとしています。
ようやく帰国の実感がわいてきました。

ついこないだ始まったばかりと思っていた2ヶ月間続いた白夜も今日が最後。明日からはまた陽が沈み始めます。
ほんとに早いものです。
写真は..残念ながら撮る時間が全くありません。。 >_<


南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-20 12:16 | @南極 by Yath  

「しらせ」接岸ならず

世界でもトップクラスの砕氷能力を誇る日本の砕氷艦「しらせ」。
既に文科省から発表されていますので、国内でもニュースになっているかと思いますが、残念ながら昨年に引き続き「しらせ」の接岸はなりませんでした。

文部科学省 「南極観測船 「しらせ」 の昭和基地沖への接岸断念について」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/01/1329758.htm

文部科学省 「南極観測船「しらせ」の状況について」(pdfファイル)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/01/__icsFiles/afieldfile/2013/01/11/1329758_1_3.pdf

c0193901_36057.jpg
砕氷航行中のしらせ(2011年12月23日撮影)


昨年と異なるのは、悪いことに氷が厚いのに加えて、氷上の状態も悪く雪上車による大型物資の氷上輸送も危うい、ということ。

本日から本格的に艦載ヘリCH-101による物資のピストン輸送が始まりました。
先ず、基地を維持するための燃料の輸送です。これは現在のところ今日から9日間が予定されています。
例年であれば、接岸後に「しらせ」から基地の燃料タンクにパイプラインで燃料移送を行いますが、昨年と今年はヘリで運ぶことができるサイズのリキッドタンクと呼ばれる小型のステンレス製タンクに詰め替えて空輸。
基地側ではそれを一旦ヘリポートに降ろして、54次隊員がポンプを使って貯油金属タンクに詰め替える作業を繰り返します。
この間、私たち53次隊は基地内の片付けと持ち帰り物資の準備を進めます。
c0193901_371619.jpg
基地側貯油タンク群

越冬交代まで残り20日。少しでも多くの物資輸送が望まれます。



南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-11 21:16 | @南極 by Yath | Comments(25)  

アマチュア無線

元旦から2通目の投稿。1日に2回はブログ開始からたぶん初めて..か?

私はアマチュア無線というのを趣味の一つにしていて、日本にいるころは言葉もろくに話せないのによく世界各国の仲間たちと無線交信したものです。

今日、日本時間の午後6時から3時間、アマチュア無線技師の資格を持つ数名の隊員で昭和基地から国内の方たち向けに無線で呼びかけを行います。 (詳細は「南極昭和基地8J1RL運用情報」)
日本との交信が実現できるかどうかは電離層の状態にも因りますが、お知り合いの方でアマチュア無線をされておられる方がいらっしゃいましたら、お伝えいただけると嬉しく思います。

c0193901_167328.jpg
昨年5月5日の子供の日にて国内の子供たちと交信中のYath

c0193901_1672533.jpg
昭和基地短波帯アマチュア無線用八木アンテナ(極夜期撮影)



南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-01 10:18 | @南極 by Yath | Comments(27)  

2013年始動

c0193901_2355260.jpg

先ずは皆様、明けましておめでとうございます。
元旦の今日は休日日課。
昨日までに後任者への引継ぎを兼ねた月初のデータ整理をし終えたので、今日はのんびりと。
...したいところですが、2月中旬の「しらせ」乗艦までにやっとかなきゃいけないこと山積み^^;

さて、「今年」は何をするかな..

人間、人と関わりながら生きている以上、何かを始めるための「時間」なんてのは待ってれば訪れてくるもんじゃないことは皆さんもご経験されていると思います。
特に、歳を重ねれば重ねるほどすべき仕事は減るどころか、意思に反して増える一方..
時間がないことを口実にして避けられるテーマは、実は自分自身にとってさほど優先順位は高くないのかも知れません。


第1次南極観測隊長の西堀栄三郎氏がこんなことを言われています。

「とにかくやってみなはれ。やる前から諦める奴は、一番つまらん人間だ。」


こんな拙いブログに丁寧にコメントを寄せて下さる方の多くは、何かしら立派な目標を持っておられるので、知らない世界の皆さんのブログ伺うと、「おぉスゲえな」と、負けず嫌いな性格が幸いして私自身もモチベーションが高まります。

春には51歳。
精神年齢は極めて低いのですが、気が付けばいつの間にか有り得ん歳に。。^^;
人生の半世紀目を南極で迎えられたことはとても有難く、家族にとって守りに入らない私のような者は実にやっかいな存在だと思いますが、家族を含めバックアップして下さった方々には本当に感謝しています。

そうそう、で、今年は..

再びこの地を踏んで、新しい実験研究をしたいな、と密かに(?)目論んでいます。
そのための準備はすでに先月終えましたが、私とは知識、レベルに天と地ほどの差もある若い強靭なライバル(にならない)がおりますので、私が候補に上がる可能性は限りなくゼロに近いのは承知の上。
はっきり言って無謀そのもの。
この準備に費やした時間と労力も無駄になる..
だけどね、結果は見えてても、チャンスがある以上それを使わずして後悔はしたくないわけで。

第55次隊員候補の選考はたぶん2月中旬頃。
テスト結果を待つようなこのドキドキ感がたまらんわけですよ。
終わればすっきりするし、気持ちも切り返しやすい。
「いやぁ、赤点だったけどとりあえず次までテストはないし、この開放感。 さ、遊び行こ」みたいな感じ。

人生の折り返しらしき地点はとうに過ぎていますが、加速減速を調整しながら余力を残しつつも全力で生きたいものです。


南極観測のホームページ
国立極地研究所
しらせは今どこ? 「進め!しらせ」

[PR]

by yath_y | 2013-01-01 01:19 | @南極 by Yath | Comments(34)