<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

腰が..

痛いのです。。

帰国してから徐々に、このひと月は隊員夏季訓練に向けて精力的に筋トレに励んできたので今さら筋肉痛はないと思われるので。

たぶん「アレ」のせいではなかろうかと。

歩いても腰に来るので、昨日今日と「安静」に全力を注いでます。

そうそう、大腸ポリープは体質もあるそうですが、食事因子も多分にあるとか。
若い頃からの食生活が原因でそのしわ寄せが来てるんだそうです。
脂っこい豚、牛肉の摂りすぎはNGで、鶏もモモ肉は控えて胸とかササミがよさげです。
それと過度な飲酒。。げげっ。 

私は魚派なので肉は出されれば喰うけど、大抵は買ってまでして喰わないので、たぶんこれっぽいね。酒は大事なんがなぁ。。
あとは繊維質のものを多く取りなさいと言われました。

大腸は健康のバロメータですからね。ちゃんといい形の、心休まるいい香りのが出ますように..
もう「血」が出ませんように..


なんまんだぶ、なんまんだぶ( ̄人 ̄)



c0193901_205416.jpg


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-05-23 20:25 | @南極 by Yath | Comments(20)  

思い出な一日

前記事こちら

行ってきました。
チャリを1時間漕いで熱田区の総合病院到着午前7時35分。
受付を済ませ、8時に胃腸科に通されました。
今日の「アレ」の挿入は私を含めて10名。一通りの説明がなされた後、飲みやすく冷やした2リットルのスポーツ飲料味の腸管洗浄薬(下剤)と紙コップが配られます。

10名のうち、30代の女性が1名おられただけで大半がご高齢の方。私はチャリ後ということもあって15分で飲みきりましたが、お年寄りの方々はやはりかなりツラそうです。

で数分後から『待合室←→トイレ』のピストン開始。トイレが修羅場と化します。
だいたい6~10回くらい往復すると綺麗になるんだそうです。
5回目くらいから、トイレ据え付けのナースコールボタンを押して、便の確認をしてもらいます。

何回目?
6回目
まだまだですね、もうちょっと頑張ってね♪
。。。。

極めて事務的な会話、水を流す音が延々とトイレあたりから聞こえてきます。

腸内が十分綺麗になったと思われる人から、順次着替えをして魔の部屋へ一人また一人と連れ去られてゆきます。
10時半、4番目です。

入れられます。
鼻から「んふっ..んふっ」、息が漏れます。

痛くはないんだけど、腹の中で何かがのたまわってるのがなんとなくわかるので、胃カメラほどではないにしても苦しいのには変わりない。
終着駅の盲腸跡地まで1メートル30センチ入ってるわけです。

結果、3ミリ程度のと6~7ミリのポリープ2つを切除、別に1か所横行結腸で炎症がみられるとのことで細胞を取りました。

炎症の結果を伺いにもう一度通院せねばなりませんが、とりあえずこれで一安心です。

お気遣い下さいました皆様、ありがとうございました。
最終結果はまだ6月上旬の健康判定員会待ちですが、再び南極の地を踏めそうな見通しが立ってきました。

今後1週間は、安静に、酒控えめにってことで、剣道稽古、朝のランニング、チャリもろもろお休みです。。

c0193901_2365618.jpg
くどいようですが.. 入れ終えて放心しているYathではありません



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-05-21 23:14 | @南極 by Yath | Comments(25)  

南極講演 ~第2回~

今日の対象は名古屋のお隣の街、北名古屋市の師勝武道館に通う少年少女剣士。
c0193901_11043100.jpg

毎週火曜日は夕刻より師勝小学校での稽古日のため子供たちの木刀による基本稽古を拝見したあとの開催です。

1時間で終わらせる予定で進めるのですが、先回は20分オーバー。今回はしゃべり自体きっちり1時間だったんですが、講演終了後の南極氷体験の時間を加味し忘れて、すべてのイベントを終えたらやっぱり20分オーバ。。
今のところあと3回残してますので、もうちょびっと時間配分に気を配らねばいけません..

中日新聞の尾張版に載せていただけるとか。


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-05-14 23:58 | @南極 by Yath | Comments(4)  

恐れていたことが..

53次隊のアルバム係を務めるYathは、印刷会社への出稿納期が近付いてるので日々原稿作成に勤しんでおります。
今朝も名城公園3周のランニングを終え、シャワーを浴びて作業開始。

するとメールが一通。
あぁ、来たかと、ピンと来ましたね。

極地研から、先日受診した55次隊候補者検診の再検査要請。

さてさて何が引っかかったんかな、読むと..

便に潜血反応があるので大腸内視鏡検査を受けに上京しなさい、と。
血が混じるのはこれまでも時々あったこと。でも大抵は2回目の検便で異常がないので毎回放置。

しかし今回は..いきなり大腸内視鏡~ ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
本来一方通行であるはずの場所にあれが無慈悲に挿入されるわけです。

疑われてるのはポリープか大腸癌ってことか。。

鬱だ。。

c0193901_184679.jpg
画像は大腸ファイバ挿入中のYathとその仲間たちではありません


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-05-07 18:09 | @南極 by Yath | Comments(30)  

流星電波観測再開

帰国後の流星電波観測再開に伴い、自宅のWebサーバで昨日5月5日からライブサイトも再開しました。

c0193901_1201943.jpg
流星電波観測Live 6m (別タブで開きます)


マニアックなサイトですのでご興味のない方には、かなりわかりづらいです。

何をしてるかと言いますと、
流星の観測には空を眺めながら眼で流星の数を数える『眼視観測』と、外に出ず電波を使って受信機とPCを使って観測する『電波観測』の2つの方法があります。
私の場合は後者になります。

電波観測について簡単に説明します。
通常高い周波数の電波は電離層で反射されずにそのまま真っ直ぐに宇宙へ飛んでいってしまうんですが、流星が降ってくるとそれが「鏡」の役割をして電波が地上に跳ね返されてきます。
その反射された電波の数=(イコール)流星の数、というわけです。

実際には、電波が流星に直接当たって反射されるわけでなく、地球の大気に突入して燃え尽きて発光するときに、その周りの大気が電子とイオンに分離されてほんの一瞬だけ「電離」という状態になるので、つまり密度の濃い電離層で反射したのと同じになるわけなんです。

眼で流星を数えるには、寒くて凍えながらあるいは蚊と格闘しながら屋外で空を何時間も見ていなければりませんし見落としも出てくるかもしれませんが、電波観測は眼で見えない日中も観測が可能なことと受信機とPCが電波を拾ってくれますので、見落としがないんですね。

で、今日はみずがめ座η流星群の極大日。
電波観測では昨日の段階でそれらしい傾向は出てますが、天気もいいので眼でも見てみたいものですね。
ちなみにピークは過ぎましたが、午前1時から夜明けまでが見頃です。
[PR]

by yath_y | 2013-05-06 12:01 | 流星電波観測 HRO | Comments(4)