<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

地磁気観測&VLFアンテナ建設訓練

昨日まで2泊3日の日程で茨城県石岡市にある気象庁の地磁気観測所まで地磁気観測訓練とアンテナ建設訓練に行ってきました。

地球が大きな磁石であるのはコンパスの針が南北を指すので、皆さんご存知だと思います。
しかし地球の自転軸(地図上のいわゆる北と南)と磁石が示す「南北」が同一でないのをご存じの方は少ないのではないでしょうか。このズレは不変ではなく、地球の中身が動いていますから刻々と変化しています。
地磁気とは地球の持つ磁石としての性質とそれによって作られる磁場のことをいいます。

で、今回の地磁気絶対観測訓練は、地磁気の絶対値を観測する手法を学びます。
通常は地磁気の変化分のみを観測していますので、その基準となる値を与えないと刻々と変化する地磁気の絶対値を求めることはできません。
そこで、定期的に基準の値となる基線値を算出するための観測(絶対観測)をする必要あるのでそれのための訓練です。
説明がわかりにくくてごめんなさい。なんとなくイメージをつかんでいただければ。

この観測器がある付近では、カメラや腕時計、メガネ、ベルト、指輪などの金属類を身につけたまま作業ができませんのですべて外します。
スボンの金属チャックやシャープペンもNGなので、ズボンは脱いで(冗)、記録は鉛筆で取ります。

専門用語も観測項目も多く複雑で、これから自分が何を測ろうとしているのかをちゃんと理解していないと全く頭に入りません。
わずかな振動も許されませんのでとにかく頭が疲れるキツい訓練でした。
(精神的に余裕がないときは画像ありません)


次に、
ここは雑音の少ない環境ということもあってここの敷地の一角を拝借して約1日半掛け、
今度昭和基地に建てる観測用アンテナの建設訓練も行いました。
このミッションの主担当はYath、責任重大です。
南北と東西に三角形に張った高さ10メートル、全幅最大30メートルを超す大型のループアンテナです。
非常に低い周波数の地球が出している自然電波を観測することで地球規模の波動現象を調べることができます。
南極は雑音も少ないので重要な観測拠点になります。

この期間はみごとに晴れっ。気温もぐんぐん上昇し最高気温なんと36度。
噴き出す汗に30分ごとに水分補給。5人掛りで炎天下の建設作業。
過酷です。南極帰りの身にはかなり堪えます。
c0193901_11523731.jpg
完成っ! う、美しい。。

c0193901_11533687.jpg


頭も体もパンパンになった3日間でした。


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-31 12:01 | @南極 by Yath | Comments(6)  

ペルセウス座流星群

13日の未明にピークを迎えたペルセウス座流星群。
月明かりもなく条件的には良さそうでしたが見えたんでしょうかね~。

名古屋の自宅で無人継続中の電波観測では全く形跡なし、です。。
c0193901_22351339.jpg
流星電波観測Live 6m

次は10月21日のオリオン座。
こっちのほうが期待持てそうかも。


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-15 22:37 | @南極 by Yath | Comments(4)  

たまにはね

世間はまだお休みらしく、南極観測に関係する民間業者もお休み中。
よってこの時期は仕事もはかどらないので、隊員のほとんどは忙しくなる9月以降に備え今のうちにと、休暇を取っています。

さてこのところブログ更新がほとんど週末のみ( ̄∇ ̄*)ゞ、しかも遊びネタばっかしで、ほんとにちゃんと仕事しとるんかと、税金が無駄に使われとるんじゃないかと、そろそろこ~んな(¬з¬)疑いの目を向けられかねないので裏付けブログ。

調達した材料がほぼ揃ったので今日は終日、8月下旬から2泊3日のアンテナ建設訓練で使うためのアンテナと観測装置を繋ぐケーブル類の製作。
マイナス40度に耐える必要がありますので、極低温特性のある材料を使います。
風雪の強い土地ですから日本国内以上にしっかり防水処理も行います。

あ、何のアンテナかは訓練レポで現物と合わせて、あらためて書かせていただきます。

c0193901_2134583.jpg

c0193901_2134921.jpg
(右端でトグロを巻いてるのが今年昭和基地に持ち込む予定のVLFアンテナ)


南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-14 21:36 | @南極 by Yath | Comments(4)  

ぐだぐだな最終日

連休も今日まで。

不覚にも昨日の痙攣の痛みが朝まで残ってしまって、結局クーラの効いた部屋から一歩も出ることなく引きこもりな一日を過ごしてしまいました。
このところ日課になってる朝ジョギングも当然、休みです。
帰国してから出番の全くないカメラを持って横浜まで夜景を撮りに行こうかと思いついたんだけど、体がそうさせてくれません。

脳のリミッタが外れてしまってるからね~。体の制御が全くできてません。

さて明日からは、訓練で使うアンテナ作りです。最終的には南極に持っていって今後の観測に使います。
その訓練まで日にちが全くないので、今週はかなり忙しくなります。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-13 21:26 | @南極 by Yath | Comments(2)  

高尾山~陣馬山縦走

起床AM5:00。天気晴れ。

連休3日目の今日は、高尾山~陣馬山までの奥高尾縦走登山です。
このルートは一昨年にも登ったんですが今回は逆ルートで。
朝の涼しい木漏れ日の登山道は気持ちがいいものですね。

立川駅5:55→(JR中央線)→高尾駅06:13→(京王高尾線)→高尾山口駅06:21

ルート
(高尾山1号路)→高尾山→(一丁平)→城山→景信山→(明王峠)→陣馬山→(陣馬高原下)
c0193901_8475265.jpg

総歩行距離20km。このルートは東京都と神奈川県の県境の尾根道をアップダウンを繰り返しながら歩きます。陽が高くなり始めると滝のように汗が流れます。しかも前夜雨が降ったようで足元滑りまくり。
天気はよかったんですが霞んでいて、展望のきくビュースポットは何か所はあるんですが残念ながら富士山までは見えず。空気が済んでる冬がいいかもね。

今回も下山後、両脚がつりまくって..
これは実は軽度の熱中症なんです。疲労の蓄積と水分(電解質)の不足ですね。ま、自分で意識してうちはマシかと。
前回のこともあって今回は水分補給をこまめにしたつもりでしたが、十分じゃなかったようです。

真夏の炎天下での運動はそこそこに。皆様お気をつけ下され。

c0193901_747427.jpg

c0193901_7474391.jpg
この先に富士山が見えるはず.. だった。。

c0193901_748299.jpg
城山の茶屋にてマンゴーかき氷を喰う

c0193901_7481618.jpg
みよっ!スカイツリーのようなこの長さっ。(拡大すると迫力増しますw)

c0193901_7483082.jpg

c0193901_74844100.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-12 23:45 | @南極 by Yath | Comments(8)  

連休2日目

昨日から4日間の連休に突入しています。
初日の昨日は、55次隊南極剣友会、宙空圏観測部門Tシャツのデザイン作業 ⇒家事 ⇒炊事。
c0193901_21143431.jpg


今日は、昨夜の時点ではお台場の日本科学未来館に行く予定だったんだけど、朝を迎えたら気が変わってww JR上野駅前の国立科学博物館へ。
特別展「深海」は入館待ちがどえらい人だったんであきらめて常展のみ。
内部は地球館(地上3フロア+地下2フロア)、日本館(地上3フロア)と別れていて、フロアはテーマ別でとてもわかりやすい。
ゆっくり見れば半日居られるほどの広さです。

新鮮だったのは、「THEATER360」。なんと40分待ち。基本待ちぎらいなんでTDLでもこんなに並んだことないかもなぁ。。
ここは直径13mほどの球体内側の全面がすべてスクリーン。左右に橋渡しされたブリッジから見るんですが、映像が映し出された時の浮遊感がなんともたまりません。

よく作られてます。ここお勧め。

c0193901_21155838.jpg


c0193901_21194779.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-11 21:20 | @南極 by Yath | Comments(9)  

極地研探検2013終了

極地研探検2013、無事で終了です。
昨年は知りませんが、来場者は一昨年より多かったような気がします。
「南極大陸」効果で知名度が上がったのでしょうか。

こういう機会でもないと一般の方々に南極を知っていただくことはほとんどないですから、興味・関心を持って下さる方が増えるのは嬉しいことです。

c0193901_161499.jpg
10時の開館に向けてスタンバイする55次隊員@隊員事務室


私の持ち場は、総合研究棟3階のサイエンスカフェ。
このフロアは、オーロラ発生装置を使ったオーロラができるしくみの実演、オーロラが出現することによって地球磁場の乱れを調べる地磁気観測、全天カメラでのオーロラ観測装置展示、立体的にオーロラが見られる「3Dオーロラ」、そして2回に分けて行われた講演、キッズ工作が行われました。

前回もそうだったんですが、関心があるから皆さん来られるわけで、今回も来場者の方々の知識がハンパない。
特にお父様方とか。どえらいよく知っとるわけです。
私なんかもうね、ビビリまくりです。質問が高度すぎます。
最初はドヤ顔だったんですが、だんだんシッポが下がってきてるのが自分でわかります。

ということで冷汗モノの一日でした。

北極ブースや、観測棟、南極・北極科学館も盛況でした。


一大イベントも終わって、今週から本格的に各種訓練の始まりです。

c0193901_1651077.jpg
サイエンスカフェ@総合研究棟3F

c0193901_1671513.jpg
基地の生活@観測棟

c0193901_169784.jpg
南極・北極科学館




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2013-08-04 08:00 | @南極 by Yath | Comments(6)