<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

極光

23時30分過ぎ。
今期初オーロラ視認です。

この時間も陽が沈んだ南西の空はまだ明るさが残っているので、鮮明さはちょっとないかな。

で、カメラないのにどうやって撮ったかって?
はい。人のやつね。^^;

光学観測機器の調整を同じ部門の宮道隊員とやっているときに、やたら動きの速いもモヤモヤがパソコン上に出現。
これはもしや、と思い外へ出てみると。 おぉぉ~!! な。

急いで基地内に無線連絡を入れ、撮ってもらったのがこれ。
c0193901_4552542.jpg
同郷愛知の今泉隊員(気象) 撮影


今年もこの時期がやってきました。

さて。
この先ずっと人に頼ってるわけにもいかないので、そろそろ秘密の兵器を出すかな。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-22 05:13 | Comments(21)  

遭難

やってしまいました。。

一昨年は昭和基地でXZ-1溺死
今回はこれまでブログに画像上げてた後継機種のXZ-2が一昨日から行方不明。。おそらく遭難と思われます。。

普段屋外へ出るときはごわごわの防寒着を着てる上に電話ぶら下げて無線機ぶら下げてな状態なので、ポケットからモノが落ちてもほぼ気がつかんわけです。←いいわけ。
気をつけてはいたんだけど。

最後に撮影した場所は屋外。カメラがないのに気が付いたのは始めて入った屋内。
ってことは、外を歩いてる途中のどこかで持ち主とはぐれた。。

もうね、この広さでは探しようがない。。一年後の夏の雪が解ける頃には誰かが見つけてくれるでしょう。

「次に来る時」は「熊鈴」でもつけとくか。

いやぁ..どえらいショックだわ。。

ついでに。メガネもすでに一本破壊。
防寒着で動きがスポイルされる分、一つ一つの動作が「雑」になるんですね。

恐るべし南極..

っつか、どれももっと気ぃ張ってりゃいい話なんだけどね。^^;



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-16 00:30 | @南極 by Yath | Comments(14)  

地球の美しさに

日の出3時43分、日の入21時25分。

c0193901_58222.jpg

空は相変わらず雲に覆われていますが、ちょうど日没方角のみ雲が切れていてみごとな太陽柱(サンピラー)が。

一切音のない世界。人影もなく耳が聞こえなくなったんじゃないかと思うほど無音な地での自然はため息が出るほどとても神秘的。

これだから何回も来たいわけですww



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-12 23:09 | @南極 by Yath | Comments(8)  

2月に入ってからというもの全く天候に恵まれず、晴れたのはわずか1日以下。
曇ってるか雪が舞ってるか、風速30m/sを超える地吹雪も数日続きました。

すでに深夜0時近くには雲の隙間から星も見え始め、今年のオーロラ観測が近づいています。
それに向けての観測機の立上げ、準備も着々と進んでいます。

下降気味ではありますが、まだまだ太陽活動は活発。
今年はどれだけ見られるのでしょうか。とても楽しみです。


たまたま雲が途切れた晴れ間。日没後の22時過ぎ。空に見慣れない雲が。
これはケルビン・ヘルムホルツ波による雲で、密度(濃度)が違う雲の流れがお互い逆方向になるとこんな雲になるんだそうです。
時々街で見かけますよね。透明ガラスの容器の中に色の違う液体が入ってて、傾けると波ができるやつ。原理はそれと同じ。

非常に綺麗に出てますね。初めて見ました。
c0193901_4391630.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-11 22:41 | @南極 by Yath | Comments(10)  

帰還

本日で54次越冬隊、55次夏隊員が全員しらせへ帰還しました。
c0193901_22383595.jpg


残されたのは我々55次越冬隊24名のみ。賑やかだった基地も3分の1になり、一気に寂しくなりました。
この先何があろうと帰ることはできませんので一層気を引き締めねば。

一年間の家族..互いが支え労わり合い協調性を持つことが大切です。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-08 22:59 | @南極 by Yath | Comments(14)  

越冬交代

本日午前9時より越冬交代式が行われました。
この日以降、基地のすべての設備の管理・運営が54次隊から55次隊に移管されます。
c0193901_22222122.jpg

責任の重さを感じる瞬間ですね。

式を終えると、これまで大所帯だった夏季宿舎から基地中心部の個室に引っ越し。ようやく落ち着けます。
しかしまだまだ忙しく、のんびりはできません。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-02-01 22:20 | @南極 by Yath | Comments(2)