<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

オーロラブレイクアップ

昨夜は久しぶりに雲のない綺麗な星空.. と、ほぼこの時くらいしか出さないカメラを担いで表へ。

試しに1枚、と。
c0193901_20392435.jpg

肉眼ではわからないのですが、液晶モニタをよく見ると南のほうにオーロラが見え始めてます。
そこでタイムラプス画像を撮るべくセッティングを変えて、限界枚数(20sインターバル×999枚)まで撮影開始!
出始めやし、4時間も撮りゃあ十分やろ、と思ったわけ。

20時から元気に撮影を始めたD800は0時で打ち止め。カメラ放置でYathはこの時すでに夢の中。

スヤスヤ(v_v).。o・。・。・。zzzZZZ

で、
今朝キンキンに冷えたカメラからSDカードを取り出し、いそいそと画像の確認♪
かろうじて大陸の地平線にいるオーロラは昭和基地上空まで移動してくる気配はなく..

まあ、こんなもんか..と、ため息交じりで仕事、仕事と。。
昨夜の観測データをPCで確認..。

すると某社D3Sで撮られた全天カメラ(CDC)画像にみるみる広がるオーロラが。そしてわずか数分で空一面に広がり大ブレイクの模様。
その時刻午前3時。

な~んと。
カメラどっかでもう一台調達しなきゃ。悔しくて泣けちゃったので次からは2台体制です。


前にも紹介しましたが昭和基地のCDCリアル画像はこっちで見られます。
ブレイクアップがどんなかはここでどうぞ。

Auroral Monitoring observation with All-sky Imagers at Syowa Station
http://polaris.nipr.ac.jp/~aurora/optical.obs/SyowaAllskyImagers.html

Syowa all-sky camera
http://polaris.nipr.ac.jp/~acaurora/aurora/Syowa/

c0193901_20415939.jpg
4月24日 00:01UTC 全天カメラ(CDC)により撮影




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-24 12:33 | @南極 by Yath | Comments(2)  

逆転

地元名古屋はもう20℃を超えてるそうな。いやぁうらやましい。

本日の日の出8:23、日の入16:13。最低気温マイナス13度。
すでに日照時間は8時間しかありません。昭和基地のあり緯度で1日におよそ10分ずつ陽が短くなりますから、1週間で1時間陽が短くなる計算。

ついこないだまで東から昇っていた太陽がかなり北から昇り始めています。ものすごい速さで冬が冬が訪れようとしています。

c0193901_5233012.jpg

c0193901_525724.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-23 05:25 | Comments(6)  

火星最接近@南極

昨日ニュースでご存じの方も多いと思いますが、、

昨晩の昭和基地はあいにくの曇り空。

で、今夜撮ってみました。南極大陸に浮かぶ大接近の火星と月。
火星と月の間にあるのは星座早見表によると... おとめ座のスピカ..かな?
c0193901_5341956.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-15 23:44 | @南極 by Yath | Comments(4)  

4ヶ月

昨年12月14日に昭和基地に到着してから4ヶ月、日本を発ってから5ヶ月近くが経過しました。
もうこちらの生活も3分の1が済んでしまったわけですね。早いもんです。

日の出前。
c0193901_15432243.jpg

ちなみに今日の日の出7時44分。日の入16時57分。気温マイナス10.7度。
夜の長さが加速しています。もうひと月半ほどで極夜ですから。

オーロラ観測時間も日に日に長くなってきてはいます。..いますが、2月下旬の光学観測開始から数えてスカッと晴れたのはたぶん3、4日。。
雲があるとオーロラ見えないですからね、ややストレスたまり気味。。

はよ、晴れてくれぃ。

c0193901_1544074.jpg

c0193901_15444892.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-12 21:41 | @南極 by Yath | Comments(4)  

ルート工作

今日はお隣、西オングル島までのルート工作と1月の夏、現地に建てた自然電波観測用VLFアンテナの点検作業。

出発時の午前9時の気温はマイナス6.1度。さほどでもないですが、昨日までのブリザードの影響で風がまだ7メートル吹いています。
風が1メートル増すごとに体感温度は1度下がると言われていますので、体感的にはマイナス13度くらいでしょうか。

4名がスノーモービル2台に分乗します。現地まで氷海を走って片道30分程度です。
c0193901_5224950.jpg

この西オングル島には宙空圏部門の観測設備があるのですが、凍って割れた危険な海を渡らねばならないため簡単に行くことができません。
凍ってはいても潮の満ち引きでクラックと呼ばれる氷の裂け目はいつも同じ状態じゃありませんから、安全に現地まで行けるようにコースを作るのがルート工作です。
昨年までのルートがそのまま使えるとは限りませんから、知識豊富な野外観測支援隊員のアドバイスを受けながら慎重に向かいます。

到着したら現地でやりたい仕事はいっぱいあるのですが、今回は日帰りのオペレーション。
提出した野外計画書通りの行動が原則ですから、アンテナの点検と少々の補修をして終了。

帰りは風速12メートルまで上がっていて氷海も地吹雪状態。寒かったけど基地を離れたオペレーションはやっぱ楽しいものです。
c0193901_5233446.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-04 23:30 | @南極 by Yath  

後半戦

今日もブリザードで外出制限中。
こんな日は、外へ出られませんので国内関係者のメール対応や観測マニュアルの更新など自分の部屋でできる仕事をします。

さて、南極で誕生日を迎えるのも今日で2回目。贅沢なことです。
こうして生誕半世紀+2を迎えることができたのも今この環境があるのも、両親や家族はじめ多くの方に支えられているからであるのは間違いないわけで、深く感謝しています。

すでに後半戦は始まってますが、40代の自分に負けるわけにはいきません。まだまだ「飲むぜ、喰うぜ」です。(←そっち?)


極地研究所Webの「昭和基地NOW」も更新されたようです。今回は「観測中の灯火制限」について。
よろしければご覧になって下さい。

[昭和基地NOW]
http://www.nipr.ac.jp/jare/now/index.html



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-03 12:51 | @南極 by Yath  

4月

日本はきのうから8パーセントだそうな。お気の毒です。ご愁傷様です。
おまいらさ、努力もちゃんとせんと、懐がヤバくなってきた途端に勝手に国民に転嫁しおって、と、
もうね、激おこプンプン丸カム着火インフェルノォォォオウであります。(あ~、書いてて恥ずかしいわ)
でも桜の季節だとか。にわかに彩が出てきますね。ポカポカな陽気も間近でしょう。

さて、南半球のこちらはこれから真冬に向かおうとしています。
今日の最低気温マイナス15.4度。夜も長くなり日に日にしばれる日が増えてきました。
ただ、夜空の天の川が恐ろしく美しい。
瞬く星空を時折流れる流星、この地球を回る人工衛星の数々を眺めているだけでも飽きません。
c0193901_503023.jpg


昨夜のインターバル画像もタイムラプスにしてYouTubeに上げましたが、カメラの設定ミスがちょっとあってやや暗め。

http://youtu.be/XN3WIjGanWI

このカメラ、コマ撮りの最大枚数が999枚まで。20秒インターバルだと6時間も撮れんのだよなぁ。。>_<)
オーロラ撮影向きではありません。外付けのレリーズだともっといけるんかしらん。
まぁ、今言ってもどうしようもないんだけどさ..



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-02 23:06 | @南極 by Yath  

ぶり明けて

c0193901_7114495.jpg

2日続いたBブリが去って、今朝はスカッと快晴。このへんは日ごろの行いでしょうか。
気温マイナス7度。まだまだ暖かいです。

山のように積もった雪の除雪作業が基地のあちこちで始まりました。
ブリはだいたい平均すると2週間に1度程度やってきます。ブリ明けの都度、雪をどけておかないと、この気温では次の夏が来るまでもう溶けることがないので放っておくとその重みで固くなって更にまた積もって..なんてことになると後が大変。
なので、皆スコップを持って自分が管理を任されている建物に向かいます。
c0193901_7123195.jpg

c0193901_7132028.jpg


夜も久々の星空。オーロラも出ていますね。

そうそう遅くなりましたが、以前のこの記事で書いているカメラで撮った観測画像は国内からはここでリアルタイムに見られるようです。
昭和基地は日本より6時間遅れていますので、だいたい日本時間だと午前4時から午前10時くらいの間でしょうか。

Auroral Monitoring observation with All-sky Imagers at Syowa Station
http://polaris.nipr.ac.jp/~aurora/optical.obs/SyowaAllskyImagers.html

Syowa all-sky camera
http://polaris.nipr.ac.jp/~acaurora/aurora/Syowa/

c0193901_7145340.jpg
4月1日 22:04UTC 全天カメラ(CDC)により撮影




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-04-02 08:26