<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

@YAKIN

夜勤中。
c0193901_6385459.jpg

「ちゃんと仕事もしとるぞ」的な図でアピールしてみる。

何してんのか?
観測装置が勝手に止まってしまってないか^^;、データがちゃんと撮れてるか、ネットワークに異常はないか、などなどをチェックします。
欠測(観測が止まってデータが欠落すること)させるわけにいきませんから。

今夜は雪~曇り予報でしたが、徐々に晴れ間が見えてきましたね~。
このまま雲が取れてくれれば今夜もいいオーロラが見られるかもです。


CDCオーロラ全天カメラによるリアル画像はいつもの通りこちら。
表示されてる時刻はUTCですので日本時間マイナス9時間です。

Syowa all-sky camera
http://polaris.nipr.ac.jp/~acaurora/aurora/Syowa/



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-26 00:41 | @南極 by Yath  

情熱大陸

前回一昨年の53次観測隊でご一緒いただいた夏隊生物圏研究グループの渡辺隊員がTV「情熱大陸」に出演されます。

情熱大陸「海洋生物学者 渡辺佑基編」
7月27日(日)23時00分~(30分間)
TBS系列にて放送

番組ウエブサイト
http://www.mbs.jp/jounetsu/


残念ながら私は見られません。。>_<)



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-25 23:39 | @南極 by Yath  

オーロラ

c0193901_439233.jpg

昨夜(21日)のオーロラです。天気予報では「雪」予報でしたが、深夜1時頃から雲が取れ始め、2時にはスカッと快晴に。
すると、申し合わせたように南の空からオーロラが出現。
ちょうど仕事明けでタイミングもよかったので、気温マイナス25度の真っ暗闇の中、いそいそとカメラを担いで外へ。

c0193901_439318.jpg

今回は非常に明るく動きの速いオーロラで、8秒露光、20秒インターバルの撮影でも追いつかないほど。
c0193901_4401421.jpg


動画はいつもの通りこちらに置いています。

http://youtu.be/ZyJ42MR3FgM


実は、この動画からはわかりにくですが、不思議なものが映っています。
肉眼でも閃光を確認。
画像を解析した結果、明らかに星とは異なる空中に光る4つの何か..
人工衛星であればその軌跡は直線に、また星である場合、連続した画像を重ねると南極点を中心に弧を描きますが、この「点」は停滞しています。
これは一体。。
c0193901_4572016.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-22 22:48 | @南極 by Yath  

自給自足

昨年の11月下旬、往路の「しらせ」寄港地であるオーストラリアのフリーマントルで積み込んだ生卵。

「生」で食べられるのもこれで最後。

c0193901_3294555.jpg

理解できました?
今が7月ですから、実に7ヶ月以上が経過してるわけです。もっかい言います、7ヶ月です。

「南極では半年以上前の生卵が食べられる」と周りに教えたげて下さい。
喰う喰わんはもちろん自己責任だけどね。

雑菌がないことと、温度管理がちゃんとなされてるからなんでしょうね。
こんなにもつなんてとても不思議ですが、ありがたいことです。

半年も経ちますとね、当たり前ですが食べるものがだんだん減っていきます。
そこで、自給自足。

今回、水耕栽培の野菜栽培室に撒かれた種は..
c0193901_3304993.jpg

「ね、ぎ。」

私、恥ずかしながら知りませんでした。ネギのひながこんなモヤシみたいだったなんて。。^^;
早よネギマ喰いたいなぁ。。 だけど水だけで育つんでしょうか。。

観察日記つけてみるか。

c0193901_335366.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-20 21:38 | @南極 by Yath  

あけまして

日の出12時6分、日の入12時50分。

太陽が顔を覗かせたのはまだわずか44分間ではありますが、そのありがたみをひしひしと感じます。
c0193901_18463386.jpg

そこで『日の出祭』。気温マイナス20度。
隊員皆で協力してレンガで窯を作り、ピザを焼きます。

半分凍ったシャーベット状のビールを瓶ごとあおって、アツアツのピザを口いっぱいに頬張りながら陽の恵みを肌に伝えます。
c0193901_1847880.jpg


夜は、南半球でしか見ることができないほうおう座流星群。今日極大。
中央左上。見えるかな~..
c0193901_18512062.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-13 21:45 | @南極 by Yath  

日の出へのカウントダウン

5月31日から始り、43日間陽が昇ることがなかった極夜も今日7月12日が最後。
明日から太陽が水平線から顔を出す季節になります。

c0193901_6404724.jpg


今年も立川市にある国立極地研究所の一般公開「極地研探検2014」があります。
Webはこちら。↓

http://www.nipr.ac.jp/tanken2014/

今年の11月に南極へ向けて出発する56次隊員が案内して下さると思います。
是非いらして下さい。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-12 00:44 | @南極 by Yath  

南極教室

c0193901_5403754.jpg

日本各地の小中、高等学校向けの南極教室が本格化。

こちらも日本の若い世代に南極の現状を伝える大切な業務の一つです。
対象は、隊員のご子息が通う学校であったり、隊員の母校であったりとさまざま。

スタッフはMC(司会者)、ディレクタ、画面の切り換え操作を担当するスイッチャー、カメラマン、カメラアシスタント、照明、タイムキーパ、AD。
最低でも8~9名が携わることになりますので、越冬隊員の少ない私たち55次隊では期間ごとの交代制にしています。
昭和基地スタジオは管理棟3階にある食堂の一角。

c0193901_5411634.jpg


さて、南極教室開催までにどんな準備をするかといいますと、

先ず、国内側開催先学校とMCを担当する隊員(大抵は開催先学校に関係がある)とで内容やコンテンツを調整、細部に至るまで打ち合わせを行い一旦シナリオとして作成します。

次に昭和基地側の南極教室関係隊員でそのシナリオを基に机上打ち合わせを行い、プレリハーサルとして基地側のみで予行演習を行います。
そこで、時間を計測して過不足がないか、削る必要がある箇所や逆に増やしたほうがよさそうな箇所を意見として出し合い、またストーリ的に流れが不自然であってもいけませんし、対象となる学年に伝わる表現であるかなど問題点について再度全員で協議します。

変更箇所があればシナリオを修正、日を改めて、次は実際にカメラを回して本番さながらに基地内リハーサルを行います。
ここでも時間を計測、撮ったビデオを皆で確認し、映像として見づらくないか、表現は適切か、新たな問題点を洗い出してシナリオを完成させます。
現場の動きも重要です。映像切り替えのタイミング、フレーム内の被写体の立ち位置、動き回るカメラマンのケーブルの引き回し、合図、照明の明るさなどもここで点検します。

c0193901_5431058.jpg


次は接続試験。
本番の前日~数日前までに国内側会場となる学校と回線接続し、ネットワークに問題はないか、設備や会場の環境によって異なるため、音声の通りや映像の見え具合について会場側から意見をもらい、場合によってはここでもスライドの修正が入ることになります。

で、いよいよ当日の本番、という感じです。
スタッフ全員緊張の面持ちです。何度も練習しましたが素人ゆえあちこちでトチりも出ます(笑)。でも真剣。

わずか、30分~1時間程度の南極教室ですが、準備は大変。テレビ局のスタッフの方々のご苦労がよくわかります。

しかし、会場の子どもたちの笑い声や感動が画面を通して伝わってくるときの嬉しさ、やってよかったなと思いますね。

c0193901_5441235.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-10 23:39 | @南極 by Yath  

七夕オーロラ

ものすごくデカい台風が近づいてるとか。
皆さんお気を付けください。

昨夜7月7日午前3時の七夕オーロラ。
c0193901_442218.jpg


今宵は..残念ながら厚い雲に覆われてます。。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-07 22:58 | @南極 by Yath  

今夜は何かな?

c0193901_441227.jpg

週末は各所の点検。
金曜までブリザードでしたからね。休日日課とは言え、先ずはやるべきことがあればそれを最優先します。
自分の持ち場で風で飛ばされちゃったものはないか、屋外設置の観測機やアンテナは壊れてないかの点検です。

幸い今回も被害なし。毎回ブリの度に冷や冷やします。

やることやったら、夕方からの観測準備までフリータイム。仕事のメールをちょこちょこっと書いて、久々に昼間っからビール煽って寛いでます。

さて、今夜の飯は。
す。き。や。きっ♪

いいですね~。たまりませんね~。寒い冬の夜長はこれが一番です。

c0193901_4434462.jpg




南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-06 23:46 | @南極 by Yath  

56次観測隊始動

まだ極夜中なので太陽は水平線の下にありますが、蜃気楼によってほんのちょっとだけ顔を覗かせていました。
c0193901_5244618.jpg

昨日7月1日から国内では、私たち55次の後次隊である56次観測隊がスタート、南極への準備を始めました。
私達も彼らを受け入れるため資料や手順書の作成と帰国のための準備を始めています。



南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2014-07-02 23:30 | @南極 by Yath