<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

明暗

c0193901_03135772.jpg
2017年5月29日 正午


太陽最終..


明日から陽が昇らない「極夜」が始まります。


長く伸びた自分の「影」が次に見られるのは7月13日..




南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-05-30 21:11 | @南極 by Yath | Comments(2)  

南極ビューティサロン

昭和基地には髪を切る専門の隊員はいませんので、伸びたらお互いが「斬り合い」ます。^^
国内で理髪訓練を受けたカリスマ隊員が一応希望するヘアスタイルを聞いて、カットを始めますが..

c0193901_04493943.jpg


まぁ、プロではありませんので、頭の中で仕上がりを想像してはいるものの大体はその通りになるはずもありません。

「それよりこうのが似合うんじゃない?」

と、うまくいかないとわかったら、コロっと方向転換される。
お客隊員は完全に「被験者」状態でいいようにもてあそばれます。
まぁ無料ですし、何されても覚悟を決めた上での来店。

私たちは眠い目を擦りながら朝早くから通勤電車に乗ることもなければ、33人の身内以外と顔を合わせるわけでもないですから、切るほうも切られるほうも楽しければそれでよいのです。

基地内はいつも笑いが絶えません。



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-05-22 22:51 | @南極 by Yath | Comments(5)  

10日

日の出10:44、日の入13:52。
すでに太陽は3時間しか顔を出しません。

陽が昇らなくなる「極夜」まであと10日。いよいよカウントダウンです。
極夜に入ると隊員は気分が沈みがちになる、とよく言われますが、気持ちの切り替え方次第でしょうか。

私なんかはバリエーションの富んだこの時期の景色に圧倒されて気分が沈んでる余裕なし。
一生に一度あるかないかのこのファンタジックな風景を堪能しないで帰る、なんて考えられないなぁ。。

一年で一番元気かもしれません。(T▽T)

c0193901_04191130.jpg
日の出前の地球影とビーナスベルト



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-05-21 22:17 | @南極 by Yath | Comments(8)  

子どもは風の子

c0193901_03321357.jpg

2017年5月5日『こどもの日』

宙空圏観測部門隊員3名で南極から日本の子供たちの健やかな成長を願ってお祝いを「作りました」。
はい、完全手製です。
人数が集まれがいろいろ知恵が出るものですね。

お断り:アンテナの性能には影響しません。

c0193901_03323102.jpg
気温:-14.1℃, 風速9.1m/s (撮影:鈴木隊員)



南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-05-05 03:35 | @南極 by Yath | Comments(10)  

冬日課

日本はゴールデンウィーク突入ですね。
こちら昭和基地では、5月に入って「冬日課」となりました。

隊によってその内容に少しずつ違いはありますが、今次隊の4月までの日課と違いは、

・就業時間:8:00~17:00(8h) → 9:00~17:00(7h)
・休日:日曜のみ → 土・日曜

ということで、気温が下がり始めたのと夜が長くなってきたのに合わせて、働く時間もそれに合わせます。
日本のように祭日もゴールデンウィークのような大型連休があるわけでもありませんが、この生活、気に入ってます。

さて、
オーロラは太陽活動に大きく影響しているのはこれまでも書かせていただいていますが、太陽は約27日周期で自転しているため、今はちょうど太陽風が弱くオーロラが活発でない周期にあたっています。
こんな時は、やっぱり星空観察。

私の地元名古屋のような街にいると全くわかりませんが、実はおびただしい数の人工衛星が縦横無尽に地球を回っているのが見えます。
防寒服のポケットに手袋をはめた手を突っ込んでしばらく上を眺めていると、時折流星も流れます。

人工光が一切なく物音一つしない世界..

地球上でもっとも贅沢な場所です。

c0193901_03212143.jpg


南極観測のホームページ
進め!しらせ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2017-05-02 21:23 | @南極 by Yath | Comments(4)