理髪訓練@SHISEIDO Beauty Academy

c0193901_11211388.jpg

「髪が伸びたらどうするんですか?」という素朴な質問を時々いただきます。

一年間髪も髭も伸び放題だと、それはおぞましい集団になりますから、そうならないよう髪は隊員同士でカットし合います。
しかし、素人が触ったこともない散髪ハサミがささっと使えるはずもありませんから、、
58次越冬隊理髪係の訓練を今年も板橋区の資生堂美容技術専門学校のご厚意で行なっていただきました。

ハサミやくしの扱い、グラデーションボブ、レイヤーなど基礎カットの手法、パーマ、カラーリング、バリカンの使い方まで若い生徒さんたちにマンツーマンで教えていただきながら一通りを学びます。
4時間の訓練で「できる」気になっちゃうから怖いです。

参加するごと内容のクオリティが上がっていてとても楽しかったですが、慣れない姿勢で翌日...

「腰」にきました。。^^;


さて、今度は何人が南極カリスマ美容師たちの手にかかってくれるんでしょうか。

おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-10-30 11:23 | @南極 by Yath | Comments(0)  

越冬私物準備開始

c0193901_20323043.jpg

仕事の物資の「しらせ」積み込みが始まり、一息つく間もなく私物の準備を始めます。
南極で一年間越冬するための生活用品ですから消耗品や壊れては困るPCの予備品まで含めると相当な量になります。

Yathは今回が3回目。すでに越冬期間の生活がわかっていますから、回数を重ねるごと無駄な物品の持込みは減ってきていますが、それでもまだ多い。。
53次の時は衣類や生活用品を詰めた段ボール13箱、55次は11箱、そして今回は8箱。

(さて来年は向こうで何するかな)、と想像しながらいそいそと荷物を詰めるのが結構楽しいです。
c0193901_20324634.jpg
大半が越冬半ばで賞味期限が切れますが、湿気も雑菌もないので気にしません


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-10-23 20:36 | @南極 by Yath | Comments(2)  

荷受け

今日は宙空観測部門関連物資の荷受け。

昨日積み込んだ観測物資は今朝一番からふ頭で荷受けが始まります。

c0193901_2241935.jpg

c0193901_22412214.jpg

ふ頭では、検数協会職員の方々により輸出される物資の重量、容積を一つずつ測定し、公正な立場での証明を行ってもらいます。
我々隊員は、大型トラックで運び込まれた物資が漏れなくふ頭に降りたことをあらかじめ作成した積荷リストと照合し、書類に不備がないか検数にも立ち会います。

検数を終えた物資は、「しらせ」積み込みまでの期間、このふ頭倉庫に一時保管されます。

c0193901_22414336.jpg


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-10-19 22:40 | @南極 by Yath | Comments(0)  

物資搬出

いつの間にか、前回の更新から一カ月経ってますね。早いものです。

この一カ月間で、山盛りの訓練、そして昨日からは極地研倉庫に集積した物資の搬出が始まりました。
その一部ですが、

c0193901_2135221.jpg
電離層観測訓練

c0193901_21353662.jpg
オーロラ光学観測訓練

c0193901_21354859.jpg
無人磁力計保守訓練

c0193901_213559100.jpg
立川消防署での消火訓練

c0193901_21361448.jpg
倉庫での物資集積作業

c0193901_21362349.jpg
そして、搬出


しらせ出港まで24日、観測隊出発まで残り39日。

ほぼ写真でごまかしてますので、お聞きになりたいことがあれば、コメ欄でどうぞ^^;

おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-10-18 21:47 | @南極 by Yath | Comments(0)  

観測訓練@ほっかいど♪

c0193901_18562730.jpg

7日午前中までに隊員室での仕事を片付け、夕方羽田空港から女満別空港に向けて出発。
道東で計画されている3つの観測訓練を一度にやってしまうべく長期滞在になるため今回は荷物も多い。

8日初日から3日間は、北海道陸別町にて短波レーダ送受信機、制御系周りの点検・保守訓練。
台風で一部道路が封鎖されるなど雨降りっぱなしで、しかも日本一寒い場所。(最低気温13度)
甘くみてましたね。持ってくる装備を完全にミスりました。。
c0193901_19123259.jpg

c0193901_18572226.jpg

c0193901_1917223.jpg

c0193901_18573560.jpg

11日は女満別にある気象庁の地磁気観測施設で大気電場観測訓練。
大気電場とは?

c0193901_18574991.jpg

c0193901_1858419.jpg


観測装置撤収を終え、当日のうちに車で1時間半かけて再び陸別町まで移動し、翌12日は「銀河の森」天文台内にある名古屋大学の観測施設でミリ波分光放射観測訓練の第2回。

c0193901_18581770.jpg

c0193901_18583329.jpg


ということで5日間、往復の移動を含め一週間の連続訓練となりました。 ふぅ~。
休日返上での訓練でしたので、このあとはしばしの休息。

おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-09-19 18:55 | @南極 by Yath | Comments(6)  

隊員室でのお仕事2

先回、国内で私たち隊員が行う業務の一つである『物資量概数調査』についてお話ししました。

今回は『物資調達』について。

南極へ持ち込む物資は基本的に各部門(観測系:気象・電離層・宙空・地圏・気水・生物、設営:機械・調理・医療・建築・環境保全・多目的アンテナ・LANインテルサット・野外観測支援・庶務)の担当隊員が担当PI(研究プロジェクトの長)と相談して調達します。

まず、現在昭和基地にいる隊員から調達参考意見として、「これこれが壊れたので買ってきてね」、「もう予備部品がないよ」、「これがあるといいかも」 といった物品購入するための意見書が送られてきます。
それを基に国内で議論・検討して、予算と照合しながら必要な物品の選別をします。
さらに次の隊(私たち)で新規計画したミッションの物品検討も合わせて行い、業者から見積もりを取って購入手続きに入ります。
国内で入手できないものは海外のメーカから買わねばならないものもあります。

7月から進めてきた調達作業。
各々部門の物資が続々と入荷し、広かった倉庫が次第に手狭になってきました。

実はこれからが本番です。

c0193901_218238.jpg


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-08-29 21:13 | Comments(2)  

第1回全体会議

第58次観測隊の第1回全体会議が行われました。
6月に実施された夏期総合訓練以降、隊員が一同に集まる最初の機会です。

c0193901_2318767.jpg

初回のこの会議では、国内準備の遂行状況、今後の予定、特に「しらせ」へ積み込むための物資集積・梱包が来月から本格化するため作業の具体的な進め方、「しらせ」往路での海洋観測計画、基地到着後の夏期間の設営計画に関する周知と意識合わせを行います。

出国まで残りちょうど3カ月。一日一日がとても早く過ぎてゆきます。

おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-08-26 23:17 | @南極 by Yath | Comments(3)  

短波レーダアンテナタワー組立

盆も過ぎ、ひと雨ごとに涼しくなる始める季節ではありますがまだまだ日中はすさまじい暑さです。

今日から短波レーダアンテナのタワー組立作業。
気温ゼロ度前後の南極で組み立てるのはかなり大変ですので、できる限り日本にいる間に数メートルのユニット単位で組み上げその状態で昭和基地に持ち込みます。

c0193901_2048191.jpg

c0193901_20483127.jpg


昭和基地のアンテナ現場では、このユニットを6段ほど積み上げて下の画像のように15メートルほどの高さにします。

c0193901_20473527.jpg
電離圏の流れの様子 ( プラズマ対流 ) を観測します


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-08-24 20:50 | 自己紹介 Self Intro. | Comments(2)  

ELF観測訓練

訓練がいよいよ本格化してきました。

今日はELF(極超長波)観測訓練。

ELF観測とは、「雷」(ゴロゴロ鳴るあれ)をものすご~く低い周波数の磁力センサで捉え、それによって大気現象の変動、太陽活動の変動との関係を調べるための基礎データとなります。
但し、南極で雷は発生しませんので、地球全土で発生する「雷」を昭和基地で捉えて観測しています。

ではなぜわざわざ南極で観測するのかと言いますと、工場や生活する上で発生する人工的なノイズ(電磁雑音)がないため、良質なデータが得られるからです。

c0193901_2228462.jpg

私たちになじみ深い高さ10km(旅客機が飛ぶ高さ)までの下層大気では、放電現象によって水蒸気量と気温の変化、また台風やハリケーンの規模発達の予測が可能になります。

それ以上の中~超高層大気(上空100km)では雷放電が電離圏や磁気圏に与える影響を調べるためのデータとなります。

c0193901_22291054.jpg


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-08-23 22:34 | @南極 by Yath | Comments(0)  

自火報取扱講習

国内同様に昭和基地でも火災に備え、基地内のほぼすべての建物には火災感知器が取り付られており、主たる場所に自動火災報知設備が設置されています。

[参考] https://ja.wikipedia.org/wiki/自動火災報知設備
c0193901_2331466.png
Wikipediaより


今日は、その自動火災報知設備(自火報)の取り扱い講習が行われました。

私は53次(2011-2013)で越冬した際は、基地安全管理主任という大役を任され自火報について熟知していなければならない立場でありましたが、就任当初は何の知識もありませんでした。
そこで消防庁で実施される防火・防災管理講習というのを当時に修了、「火災による被害」を防止するため、また防火管理に係る消防計画を作成し防火管理上必要な業務(防火管理業務)を計画的に行うための知識を学びました。

火災報知器の種類や特徴、性能などネットで調べまくったのを今でも覚えていますが、数年経過した今、肝心の中身はすでに半分近くは忘れてしまっていますので^^;、今回の取扱い講習はよい復習になりました。
c0193901_2333281.jpg


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

# by yath_y | 2016-08-17 23:37 | Comments(0)