初めての警察署

午後9時半、仕事を終えて帰宅したら玄関の鉄格子が半開きになってるじゃん..
その内側の扉も..

なんかヤな予感。。

ちゃんと掛けたはずのゴツい南京錠は姿もない..
つまり3重に掛けた玄関のロックが第三者の手によっていとも簡単に開けられたということ。

で、部屋に入ると..

空き巣に入られておりました。

狙われたのは、20万の日本円、約10万円分のマレーシアリンギット、1万円分のシンガポールドル。各々の小銭。
鍵付きのタンスだけが力任せにこじ開けられた以外は、手を付けた形跡すらない。
ノートPC2台、パスポートもそのまま。防具も無事。
戸締り緩そうな他の部屋が狙われた気配がないことから、日本人が昼間留守であるのを知っての上での犯行のようです。
私を含め会社の日本人同僚3名が同時に被害に合いました。

午後10時、警察へ電話をするとSungaiLongの日本で言うところの「KOBAN」へ来いと。
前客がおり30分待たされ、状況を説明。

散々聞いたあげく、ここじゃあかんからKajangにある警察署(つまり、街の警察署)に行けと。
(何もせんのなら時間取らせるなよ。。)

警察署到着午後11時半。
ここでも15分ほど待たされ、同じ説明を。
帰宅午前1時半。

シャワー浴びてビール飲んでると、ノックの音。
午前2時、現場検証。
写真を3~4枚撮っておしまい。5分で終了。
指紋も取りません。

んむぅぅ。。何というか気休めにもならんぞ、ヲイ。しかもこの時間かYO!

マレーシアにおける全財産は財布にあるわずかなキャッシュのみ。。
セキュリティのあるコンドミニアムでさえこれである。5ケ月にして治安の悪さが証明されたわけね。

踊りたくなってくるぜ。

人ごとではありませんぞ。皆さんくれぐれもお気をつけ下さい。

マレーシア 今日のお天気

[PR]

by yath_y | 2010-04-17 03:56 | @まれーしあ by Yath | Comments(1)  

Commented at 2010-04-18 01:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 物欲との戦い ナイトマーケット >>