隊員室でのお仕事2

先回、国内で私たち隊員が行う業務の一つである『物資量概数調査』についてお話ししました。

今回は『物資調達』について。

南極へ持ち込む物資は基本的に各部門(観測系:気象・電離層・宙空・地圏・気水・生物、設営:機械・調理・医療・建築・環境保全・多目的アンテナ・LANインテルサット・野外観測支援・庶務)の担当隊員が担当PI(研究プロジェクトの長)と相談して調達します。

まず、現在昭和基地にいる隊員から調達参考意見として、「これこれが壊れたので買ってきてね」、「もう予備部品がないよ」、「これがあるといいかも」 といった物品購入するための意見書が送られてきます。
それを基に国内で議論・検討して、予算と照合しながら必要な物品の選別をします。
さらに次の隊(私たち)で新規計画したミッションの物品検討も合わせて行い、業者から見積もりを取って購入手続きに入ります。
国内で入手できないものは海外のメーカから買わねばならないものもあります。

7月から進めてきた調達作業。
各々部門の物資が続々と入荷し、広かった倉庫が次第に手狭になってきました。

実はこれからが本番です。

c0193901_218238.jpg


おきてがみ





南極観測のホームページ
国立極地研究所

[PR]

by yath_y | 2016-08-29 21:13 | Comments(2)  

Commented by jn1eya at 2016-09-04 21:15 x
だんだん南極が迫ってきていますね。今年のレポも楽しみです。
Commented by yath_y at 2016-09-07 00:05
EYAさん、
お久しぶりです。
書く書くと宣言しておきながら、相変わらず更新遅めです。
先が思いやられますが、時間を見て綴っていきたいと思います。

<< 観測訓練@ほっかいど♪ 第1回全体会議 >>